Pocket

今回はエプソムカップ2018当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

今月アタマにグレイル号の右第1指骨剥離骨折が発表されました。

JRAのホームページによると3か月以上の休養が必要との事、東京優駿(日本ダービー)に出走したばかり

でその直後の出来事でした。

秋のGⅠシーズンには無事に復帰できれば良いのですが・・・

そしてつい先日はレインボーライン号の登録抹消の発表が。

原因は右前繋部浅屈腱不全断裂、今後は種牡馬となる予定だそうです。

2か月前の天皇賞(春)を勝利し、これからの長距離路線で活躍が期待されていましたが

非常に残念でなりません。

1998年天皇賞(秋)、サイレンススズカの手根骨粉砕骨折はYoutubeで見ましたが

本当にショックな出来事でした、

強い馬が故障で突然競走馬としての未来が絶たれるというのは本当に、本当に辛く悲しいです。

レインボーライン号には種牡馬としての活躍を期待したいと思います。

 

暗い話になってしまいましたがエプソムカップへと戻します。

現在のエプソムカップのオッズです。

エプソムカップ2018オッズ1番人気はダイワキャグニー、2番人気がサトノアーサー

3番人気がサーブルオールとなっています。

上位人気3頭は予想オッズ通りといった感じですが思ったより割れていますね、

ダイワキャグニーも現在単勝オッズは3.4倍とやや妙味は出てきました。

5番人気にはハクサンルドルフが上がってきました、単勝オッズは8.0倍。

 

そして人気ブログランキングで発表した穴馬はベルキャニオン

いい感じで人気落ちしていますね、狙い目ではありますがオッズはもうちょっと上がって欲しかった所。

 

波乱の可能性は少ないですが台頭を期待したいと思います。

それでは各馬分析していきます。

エプソムカップ2018予想オッズ等はこちらをご覧ください

 

エプソムカップ2018出走馬指数分析

 

それではエプソムカップ2018の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎サトノアーサー

スピード指数:49.9

スピード指数は49.9と50.0まではわずか0.1届きませんでしたがそれでも高い値、指数ランクは1番手です。

騎手は初騎乗、戸崎騎手。

昨年GⅢきさらぎ賞に毎日杯、GⅡ神戸新聞杯でも台頭しておりここは実力は上。

GⅠでは大敗、まあ距離的に厳しい面もあったと思いますがそれ以外は全て馬券圏内、好走はするでしょう。

前走オープン特別メイステークスでダイワキャグニーに敗れていますが今回は問題ないと見ています、

まあ台頭はするとみて良さそう。

戸崎騎手は初騎乗で若干低評価。

スピード指数は50.0を下回りましたが評価は高いと言って良い、指数から上位台頭はするとの見解。

指数ランクからサトノアーサーを本命に指名します。

 

 

〇ダイワキャグニー

スピード指数:49.6

スピード指数は49.6とやや高め、指数ランクは2番手です。

指数ランク1番手のサトノアーサーとは0.3と僅差となっています。

騎手は横山騎手。

オープン特別では全て1着、前走も指数ランク1番手サトノアーサーを抑え勝利と強い馬ではあります。

ただ重賞成績はあまり良いとは言えず今回もサトノアーサー相手に勝ちきれるかどうか、

まあ台頭はすると見て良いでしょう。

出走予定時点では指数ランク1番手の可能性があると見ていましたが2番手まで落ち込みました、

指数差はわずかなのでどちらかは台頭すると見ています。

今回も横山騎手が騎乗します、指数へは特に影響は無し。

指数ランクは2番手で指数からも台頭の可能性は十分ありそうです。

サトノアーサーとの1着争いになるのでは。

指数ランクからダイワキャグニーを対抗馬に指名します。

 

 

▲サーブルオール

スピード指数:49.0

スピード指数は49.0となかなかの値で指数ランクは3番手、

指数ランク2番手のダイワキャグニーとの差は0.6あります。

騎手はC・ルメール騎手。

重賞レースへの出走は2016年GⅡニュージーランドトロフィー以来2年ぶり。

その間平場では順調に結果を出してきています。

今回サトノアーサー、ダイワキャグニー相手ですのでさすがに勝つのは厳しいか、

台頭する実力はあるとは思いますが。

C・ルメール騎手が騎乗で指数へも高評価、ここも期待値は高い。

指数ランクは3番手ですので指数からも台頭はあるだろうとは見ていますがやはり1着は厳しいでしょう。

指数ランクからサーブルオールを単穴に指名します。

 

 

△グリュイエール

スピード指数:48.9

スピード指数は48.9と49.0を0.1下回りましたがなかなかの値、指数ランクは4番手。

指数ランク3番手のサーブルオールとは0.1とかなり拮抗しています。

騎手は福永騎手。

重賞レースでは台頭が無く重賞成績は良くない。

その点平場では好成績、前走は休養明け2年ぶり1600万下レースでしたが見事勝利していますね。

ただ1800mでは結果を出していない、前走も2000mと中距離の方が向いていそうですが今回どういった走りをするか。

福永騎手も成績は悪くなく前走もグリュイエールの騎乗で勝利しており評価は高い。

ただ実力はやや不足との見解、指数ランク上位には上がりませんでした。

指数ランク3番手との差はかなり僅差なので指数からグリュイエールも台頭の可能性はあるとは思います。

連対までははちょっと厳しいかもしれません。

指数ランクからグリュイエールを連下に指名します。

 

 

△ベルキャニオン

スピード指数:48.6

スピード指数は48.6まずまずの値がが出ており指数ランクは5番手。

指数ランク4番手のグリュイエールとは0.3とここも僅差。

騎手は石橋騎手です。

成績を見ると台頭は少なく良いとは言えませんが前走もGⅡマイラーズカップで5着と掲示板にはのっており

そこまで実力は低くないと思うんですよね。

7歳とやや年齢的な不安はありますがここ最近の結果からもまだやれそう、

サトノアーサー、ダイワキャグニーと強い相手との一戦なのでそこは厳しい所。

ですが台頭の余地はありそう。

石橋騎手も結果を出せておらず指数への影響は若干下がっています。

指数ランク4番手との差はわずか、まわ指数ランク3番手~5番手までは結構拮抗しています。

指数からも上位台頭はありそうですが、あって3着まででしょうか。

まあ穴を空けるとすればこの馬でしょう。

指数ランクからベルキャニオンを連下に指名します。

 

エプソムカップ予想まとめ

 

やはり実力馬は人気しており指数ランク上位3頭は人気上位。

毎年波乱の余地はない傾向のエプソムカップ、今回も指数からは堅い決着が予想されます。

穴馬の台頭は期待できませんが、指数ランク5番手の注目の穴馬ベルキャニオン

これが台頭すれば多少配当妙味はありそうですね。

なので買い目は指数ランク上位4頭ボックスと迷いましたが、本命サトノアーサー軸で流します。

買い目は人気ブログランキングで発表します。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク