Pocket

今回はスワンステークス2018当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

今週も出走馬確定後の分析・見解を行えませんでしたが当日出走馬分析を行っていきます。

今回は11頭立てと例年に比べかなり少頭数開催となってしまったスワンステークス

メンバーもモズアスコットが実力では抜けており配当も非常に安そうですね。

ですがモズアスコット以外はどの馬が台頭して来てもおかしくは無さそう、

高配当は期待できないでしょうがヒモでやや配当妙味が上がる可能性はあるかもしれません。

今回のスワンステークスはやはりモズアスコットが余裕で勝利するのか?

それとも一波乱あるのか?

それではスワンステークスの各馬分析、予想をしていきます。

 

現在のスワンステークスのオッズです。

1番人気はモズアスコット、2番人気がロードクエスト

3番人気がベステンダンクとなっています。

やはりモズアスコットがダントツ1番人気、まあこれは必然でしょう。

ロードクエストが思ったより人気はしていますね、

前日オッズではモズアスコット以外皆2桁オッズでしたが。

ですが現在は3番人気のベステンダンク以降2桁オッズとなっています、

レース展開もモズアスコット以外は混戦が予想されます。

まあ頭数も少なくモズアスコットの台頭は濃厚なので

配当妙味は全く無いでしょうね。

ヒモ荒れ位はありそうですがそれでも配当は安いでしょう。

 

スワンステークス2018出走馬指数分析

 

スワンステークス2018の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎モズアスコット

スピード指数:49.3

スピード指数は49.3と50.0を下回りましたがなかなかの値で指数ランクは1番手。

騎手は今回もC・ルメール騎手が騎乗。

前走はGⅠ安田記念を勝利しています。

3走前はGⅢ阪急杯2着、前々走GⅡマイラーズカップ2着と重賞レースで

しっかりと結果を出しています。

重賞経験は少ないですが台頭できなかったのも昨年末のGⅡ阪神カップのみ、

それも4着と馬券圏内まではあと一歩でした。

まあどう考えてもこの馬の勝利が濃厚でしょうね、ダントツで人気するのもしょうがない。

騎手もC・ルメール騎手という事で指数評価も高いです。

指数からも勝つ可能性が高いのはモズアスコットでしょう、

さすがに馬券圏外という事は無さそう。

指数ランクからモズアスコットを本命に指名します。

 

 

〇ロードクエスト

スピード指数:48.9

スピード指数は48.9とまずまずの値となり指数ランクは2番手、

指数ランク1番手のモズアスコットとの指数差は0.4と意外と僅差となりました。

今回はM・デムーロ騎手が騎乗します。

前走はGⅢ京成杯オータムハンデで4着。

2歳~3歳頃は重賞レースでも結果を出しており2016年GⅠNHKマイルカップでも

2着に入る実力馬でした。

負けだしたのは3歳後半から、ここ最近はオープンレースで台頭する事はあるものの

GⅢクラスでも大敗する事があり今後も重賞レースでの台頭は厳しいかもしれません。

今回は久々のGⅡへの出走ですが人気しています、また指数評価も上位。

乗り替わり、初騎乗ですがM・デムーロ騎手が騎乗する事で指数評価も上がっています。

相手にモズアスコットもいるので勝つのは厳しいように見えますが指数からは

台頭の可能性はありもしかすると差し切る可能しいがあるかもしれないという見解です。

指数ランクからロードクエストを対抗馬に指名します。

 

 

▲レーヌミノル

スピード指数:47.5

スピード指数は47.5と48.0を下回るやや低めの値、指数ランクは3番手。

指数ランク2番手のロードクエストとの指数差は1.4と開いています。

騎手は今回も和田騎手です。

前走はGⅠ安田記念、12着と大敗しています。

この馬も2歳~3歳は調子よかったですね、

GⅠ桜花賞ではリスグラシューを抑え勝利していました。

GⅠ優駿牝馬(オークス)から負け始め以降は台頭無し、

昨年のGⅠマイルチャンピオンシップでは4着と善戦しましたが

ここ2走は大敗続き。

しかしモズアスコット以外は実力的に特に強い馬はいない、

この舞台ならレーヌミノルにも台頭の余地はあり。

ただ和田騎手は勝率が低くレーヌミノルの騎乗で結果も出せておらず評価値は低い。

ロードクエストと指数差は結構開いていますが指数ランクは上位、

指数から台頭する可能性はありそう、まあ1着は無いでしょうね。

指数ランクからレーヌミノルを単穴に指名します。

 

 

△ベステンダンク

スピード指数:46.6

スピード指数は46.6と低い値となっています、指数ランクは4番手。

指数ランク3番手のレーヌミノルとの指数差は0.9あります。

今回の騎手は川田騎手です、約2年ぶりですね。

前走はオープンポートアイステークスで2着と台頭。

一度障害レースに転向しましたが結果を出せずまた平地に戻っています。

ただオープンレースではまずまずの結果は出せていますが

やはり重賞レースとなると厳しい。

昨年もスワンステークスに出走しましたが11着との大敗。

ただ今回は頭数も少なくベステンダンクでも台頭出来そうなメンバーとなりました。

川田騎手は久々の騎乗となりますが勝率が良く評価としては高い、

しかし総合的にはスピード指数は低い値となっています。

レーヌミノルとの指数差もあり指数ランクも上位には入れず、

指数からは台頭の余地はありそうだがやはり厳しいだろうとの見解。

指数ランクからベステンダンクを連下に指名します。

 

スワンステークス予想まとめ

 

例年と比べてもかなり少頭数となった今回のスワンステークス

やはり指数ランク1番手で本命はモズアスコット

このメンバーではどうしても最有力となってしまいますね。

しかし指数ランク2番手の対抗ロードクエストは実力的には

脅威では無さそうですが指数からはモズアスコットと指数差がやや拮抗しており

勝ち切る可能性があるかもしれません。

1着争いとなるのはこの2頭だろうとの見解。

単穴以降も実力的に大差は無さそうですが上位印は人気馬、

ここも指数からはかなり堅い決着となると予想されます。

その中で人気薄で一発ありそうなのが指数ランク5番手の馬、

まあスピード指数が低いので期待値、自信度は下がりますが

穴を空けるとすればこの馬ではないでしょうか。

ただモズアスコットとの絡みでは配当は安いでしょう、

配当妙味は期待できません。

買い目とこの指数ランク5番手の馬はいつもの様に

人気ブログランキングで発表致しますのでよろしくお願いいたします。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク