Pocket

【ニュージーランドトロフィー2018】出走予定馬見解

今回はニュージーランドトロフィー2018出走予定馬見解を中心とした記事を書いていきます。

 

「ニュージーランドトロフィー」「NHKマイルカップ」のトライアルレースに指定されており、

本レースの3着までに入着した馬に優先出走権が与えられますね。

このレースには前身があり、1971年にニュージーランドの「ベイオブプレンティレーシングクラブ」よりカップの寄贈を受け、

その際交換競争として行われた「ベイオブプレンティレーシングクラブ賞グリーンステークス」が前身レースだそうです。

1983年に4歳馬(現3歳馬)限定の重賞レースとして「ニュージーランドトロフィー4歳ステークス」

名称で新設、その後2001年に現名称の「ニュージーランドトロフィー」に変更されています。

創設当時は東京芝1600mで5月末~6月初めに開催されていました。

1996年に4月開催、距離も1400mに短縮され、2001年に中山芝1600mに変更となっています。

 

今回のニュージーランドトロフィー特別登録馬です。

今週も「target frontier jv」ツールを使っていきます。

ニュージーランドトロフィー2018特別登録馬過去5走前までの成績はこちらから(pdfファイル)

ニュージーランドトロフィー2018特別登録馬

 

今回の特別登録馬は19頭。

過去10年間では16頭立てで行われる事が多いようです、2011年に18頭立て、2014年には15頭立てで行われた事がありましたね。

今年も16頭立てとなるのでしょうか。

3頭は除外される事になりますが出走馬確定後は指数ランクにも多少は影響があるかもしれません。

今回は500万下上がりが結構います。

ケイアイノーテックも前走500万下でしたが4馬身差をつけ余裕の勝利、

まあGⅡデイリー杯2歳ステークスでも台頭していますしGⅠ朝日杯フューチュリティステークスでも4着まで

来ていましたのでまあ当然といえば当然か。

その他有力候補となりそうなのはカシアストーセンブレスファストアプローチ辺りでしょうか。

3頭とも重賞レースでの台頭もありますしGⅠレースでも健闘しています、

ですが甲乙はつけがたい感じ。

現時点で気になるのはこれ位。

今週は「桜花賞」がメインレースですが「NHKマイルカップ」「安田記念」に向け

このレースも注目していきたいですね。

 

ニュージーランドトロフィー2018出走予定馬見解

それではニュージーランドトロフィー2018出走予定馬見解をスピード指数で行っていきます。

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

 

〈主な予想成績〉

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

【ファルコンステークス2018】出走予定馬見解と先週の結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

 

アイスフィヨルド

前走のスピード指数は51.2と高い値が出ていましたが指数ランクは2番手でした。

結果は1着と勝利しました。

前走はスピード指数も高い値、結果も出ているので今回の指数ランク上位の可能性はありそうです。

スピード指数は前走と比較すると下がって来そうです、まずまずの値とまではいくのではないでしょうか。

指数ランク上位候補の1頭。

 

 

エントシャイデン

前走のスピード指数は50.5と高い値となり指数ランクは1番手でした。

結果は3着、台頭はしています。

今回も前走同様指数ランク上位の可能性はありそう。

しかしこの馬もスピード指数は前走ほど高くは無いでしょう、また指数ランク1番手までは厳しそうです。

指数ランク上位候補です。

 

 

カシアス

前走のスピード指数は51.8と高い値が出ていました、指数ランクは2番手。

結果は3着と台頭しています。

今回も指数ランク上位の可能性は高そうです。

スピード指数はやはり前走よりは下がると思われますがなかなかの値は出ると思われます。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

 

トーセンブレス

前走のスピード指数は44.8とかなり低い値ではありましたが全体的に低い水準であったため指数ランクは5番手でした。

やや軽視はしていましたが結果はクビ差で2着、台頭しています。

前走の結果から今回指数ランク上位となる可能性はあるかもしれません。

前走と比較するとスピード指数は上がっては来るでしょうが低く値だったため数値としてはそこまで高くはならないでしょう。

指数ランク上位候補の1頭ですが1番手まではなさそうです。

 

 

ファストアプローチ

前走のスピード指数は54.2と非常に高い値、指数ランクも1番手でした。

評価はかなり高かったのですが結果は4着、台頭まではもう少しではあったもののやや過剰評価といった感じに。

ただ今回も指数ランク上位にとなる可能性は十分ありそう。

スピード指数はやはり前走と比較すると大幅に下がりそうですがなかなかの値とはなるのではないでしょうか。

指数ランク上位候補です。

 

現時点で以上5頭ともう1頭が指数ランク上位候補です。

注目のもう1頭は人気ブログランキングで発表致します。

↓↓↓現時点で1番注目したい狙い馬はこの馬!↓↓↓
人気ブログランキングへ

 

今回は以上です。

次は阪神牝馬ステークス2018出走予定馬見解を行っていく予定です。

それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク