Pocket

【フェアリーステークス2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズ

今回はフェアリーステークス2018出走馬指数予想と見解、予想オッズを中心とした記事を書いていきます。
ではではフェアリーステークスの出走馬指数予想と見解、予想オッズを行っていきます

「フェアリーステークス」は1984年に創設されました「テレビ東京賞3歳牝馬ステークス」が前身のレースで、1994年から現名称の「フェアリーステークス」に変更となりました。
創設時は12月の中山競馬で行われていましたが2009年から1月に変更されています。
施行距離は創設時1600mでしたが1991年から2008年までは1200mに短縮、そして2009年から再び1600mで行われる事となりました。
外国産馬は1993年から出走可能となり地方競馬所属馬は1996年から、さらに2009年からは外国馬も出走可能な国際競走となりました。

引用:Wikipedia

フェアリーステークスの過去10年のデータです。

1番人気馬が上位台頭したのが5レース、2番人気馬と3番人気馬は共に3レースとなっています。
上位人気馬が2頭以上台頭したレースは2レースで、上位人気馬が馬券に絡む可能性はやや低そうです。
そして10番人気以下の穴馬が台頭したレースは8レースもあり人気薄の上位台頭の期待値は高く、荒れるレースが予想されます。
レース結果からはその馬が台頭してもおかしくなさそうですが高配当をしっかり的中させたいと思います。

次にフェアリーステークスの予想オッズを発表します。

1 レッドベルローズ  (3.5~4.0)
2 プリモシーン    (4.0~4.6)
3 サヤカチャン    (4.5~5.2)
4 トロワゼトワル   (5.0~6.0)
5 ジーナスイート   (9.0~10.5)
6 テトラドラクマ   (11.0~12.0)

以上、上位人気しそうな6頭の予想オッズです。
1番人気はレッドベルローズの予想です。
5番人気か6番人気辺りから10.0倍を超えるのではないかと思います。

 

フェアリーステークス2018出走予定馬指数予想と見解

フェアリーステークス出走馬確定後の指数予想と見解です。

※当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、それを基準として予想・分析するものです。
50.0以上の値はかなり期待値が高いと見ています。

 

 

テトラドラクマ

予想スピード指数:50.0~51.0

予想スピード指数は50.0台で指数ランクは1番手の予想、予想では高い値が出そうです。
予想オッズは6番人気。
新馬戦、未勝利戦しか出走経験がなく他に重賞経験のある馬も何頭かいますが前走は2着馬ジョブックコメンに5馬身差をつけ1着で勝利しています。
今回も強い走りを見せ好走してくれるのではと思っています。
現時点でテトラドラクマが本命候補です。

 

 

グランドピルエット

予想スピード指数:48.0~49.0/span>

スピード指数は48.0台で指数ランクは2番手との予想、スピード指数もあまり高くはなく指数ランク1番手のテトラドラクマと差も開きそうです。
予想オッズは9番人気です。
重賞経験はありますが2走前のGⅢアルテミスステークスで13着と大敗しています。
今回はテトラドラクマの指数が高くそれ以外は低めで正直対抗馬候補以下は字判断が難しいというのが本音。
その中でもグランドピルエットが2番目にスピード指数が高くなりそうなので現時点でグランドピルエットを対抗馬候補にします。

 

 

トロワゼトワル

予想スピード指数:47.0~48.0

スピード指数は47.0台で指数ランクは3番手との予想、予想では低めになりそうです。
予想オッズは4番人気。
前走はGⅢアルテミスステークスで惜しくも4着とまずまず好走してはいます。
今回スピード指数が3番目に高くなりそうなのはこのトロワゼトワル、2走しか走っておらず未知の部分も多いですが馬券圏内の可能性はありそう。
現時点でトロワゼトワルが単穴候補です。

 

 

人気ブログランキングへ

予想スピード指数:48.0~49.0

スピード指数はトロワゼトワル同様47.0台で指数ランクは5番手の予想、トロワゼトワルとの差は僅差になるかも知れません。
出走予定時点では評価は低めでしたが指数ランクは5番手まで上がっています。
出走予定時点で指数ランクは5番手で、プリモシーンと入れ替わる形で指数ランク4番手との予想になりました。
予想オッズでは大穴とまではなさそうですが人気はあまりしなさそう。
現時点でこの馬の候補は連下か星印です。
今回はこの馬を人気ブログランキングで発表します。

また唯一のGⅠ出走経験馬、GⅢで上位台頭馬のサヤカチャンは指数ランク6番手の予想、出走経験からは今回も上位台頭はありそうですが評価は高くなくやや軽視しています。

 

以上になります。
次はシンザン記念2018出走馬確定後の指数予想、見解と予想オッズを行う予定です。
それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク