Pocket

今回はフェブラリーステークス2019当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

今回フェブラリーステークスは14頭立てとなりました。

過去10年では毎年16頭立てが恒例となっていましたので今年は若干少ないですね。

傾向としては1番人気馬の台頭率が80%と非常に高い。

2番人気馬は台頭率50%、3番人気馬は40%の台頭率と

1番人気程ではありません。

ただ1番人気が台頭した年に2番人気、3番人気馬が馬券に絡む確率は70%。

ここは堅い決着の可能性が高いため1番人気を軸に2番人気と3番人気馬を中心に

組み立てるのが良さそうです。

妙味はほとんど無さそうですが指数からは若干波乱の展開はありそう。

さすがに大穴の台頭は無いと思いますが中穴なら3着以内の可能性はあると見て

予想していきたいと思います。

それではフェブラリーステークスの各馬を分析・予想を行っていきます。

 

現在のフェブラリーステークスのオッズです。

1番人気はインティ、2番人気がゴールドドリーム

3番人気がコパノキッキングとなっています。

フェブラリーステークス初出走ながら1番人気しているインティ

確かに前走までの走りは目を見張るものがありますね。

2番人気はフェブラリーステークス常連のゴールドドリーム

昨年は惜しくも勝利を逃しましたが今年は勝てるのか。

3番人気のコパノキッキングもGⅠレース初出走。

重賞レースはGⅢしか経験がありませんが成績は非常に良い、

期待出来そうです。

4番人気のオメガパフュームは前走地方GⅠ東京大賞典

ゴールドドリームに勝利していますがフェブラリーステークスは初。

今回もゴールドドリームを抑える事が出来るのでしょうか。

5番人気のサンライズソアからオッズに差が開き2桁オッズとなっていますね。

そして今回注目の穴馬ですが期待値はまずまずあります。

掲示板なら入れるだろうとは見ていますが台頭までは

厳しいかもしれません。

ですが妙味はかなりあるので狙っていきたいと思います。

この穴馬は後程買い目と一緒に人気ブログランキングで発表

致しますのでよろしくお願いいたします。

 

フェブラリーステークス2019出走馬指数分析

 

フェブラリーステークス2019の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎ゴールドドリーム

スピード指数:51.5

スピード指数は51.5と高い値が出ています、指数ランクは1番手。

騎手は今回もC・ルメール騎手が騎乗します。

前走は地方GⅠ東京大賞典で2着。

昨年のフェブラリーステークスは2着でしたがおととしは1着。

また昨年出走したレースはフェブラリーステークス以外地方GⅠでしたが

全てのレースで連対しています。

特に今回はダート界の実力馬ルヴァンスレーヴ、ケイティブレイブが不在のため

最有力と言えるのはこのゴールドドリームでしょう。

今年も台頭を逃す事は考えられない。

騎手評価もC・ルメール騎手なので非常に高評価。

指数から台頭の可能性が最も高いのはこのゴールドドリームとの見解、

1着の可能性も高いでしょう。

指数ランクからゴールドドリームを本命に指名します。

 

 

〇オメガパフューム

スピード指数:50.6

スピード指数は50.6となここも高い、指数ランクは2番手。

指数ランク1番手のゴールドドリームとの指数差は0.9あります。

騎手は前走と同じくM・デムーロ騎手。

前走は地方GⅠ東京大賞典で勝利、ゴールドドリームに勝ち切っています。

フェブラリーステークスは今回初出走ですが、やはり

最有力馬のゴールドドリームに勝利したというのは大きい。

騎手もM・デムーロ騎手が騎乗しますので騎手評価も高い。

上記の点から50.0を超えるスピード指数で高い評価となっていますが

不安要素は前走2000m、

400mの距離短縮でもゴールドドリームにやりあえるかどうかといった所。

実力は十分と見て指数通り2番手評価とします。

指数からも台頭の可能性は高いとの見解。

1600mで問題なく走れれば今回も勝てる可能性はあるでしょう。

指数ランクからオメガパフュームを対抗に指名します。

 

 

▲ノンコノユメ

スピード指数:48.6

スピード指数はここからかなり下がり48.6とまずまずの値で指数ランクは3番手。

指数ランク2番手のオメガパフュームとの指数差は2.0と大差。

騎手は今回も内田騎手です。

前走はGⅠチャンピオンズカップで7着。

昨年のフェブラリーステークスを勝利、以降は台頭がありませんでしたが

馬券圏内は十分狙える走りではありました。

今年で7歳と大分歳は取ってきましたがまだまだやれそう。

ゴールドドリームにオメガパフューム相手ですので簡単にはいかないでしょうが

対等に走れる実力は持っているはず。

内田騎手は勝率が低いですが昨年のフェブラリーステークスで

朱里と言う結果を出しているのでそこまで低い評価ではありません。

指数からも台頭の可能性は十分、

ただ今年も勝てるかどうかは難しいか。

指数ランクからノンコノユメを単穴に指名します。

 

フェブラリーステークス予想まとめ

 

以上が指数ランク上位の3頭です。

今回指数ランク1番手の本命ゴールドドリームはスピード指数もかなり高く指数差も結構あり

期待値はかなり高いと見ています。

指数ランク2番手の対抗オメガパフュームもスピード指数は50.0を超えており50.0以上がこの2頭。

この2頭は馬券圏内の可能性が高いとの見解。

指数ランク3番手の単穴ノンコノユメはスピード指数がまずまずで

指数差は大きいですが指数ランクは上位。

人気落ちしておりここは妙味が出て来ました、狙いどころ。

1番人気のインティは指数ランク4番手、GⅠレース初出走ですが期待値は高めです。

そして今回の注目の穴馬は指数ランク5番手の馬です。

期待値はまずまず、ただ指数ランク上位勢は強いので掲示板までなら十分

可能性はあると見ていますが台頭まではどうか。

妙味はあるので狙っていきます。

それでは買い目とこの指数ランク5番手の穴馬はいつもの様に

人気ブログランキングで発表致しますのでよろしくお願いいたします。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年11月25日

《東京9R シャングリラ賞》

馬連17170円 ワイド2通り4340円、410円

2018年11月第4週予想結果

・2018年11月18日

《東京9R 赤松賞》

馬連18500円 ワイド2通り3500円、510円

2018年11月第3週予想結果

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク