Pocket

今回はラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2018当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

今週も2歳重賞レースのラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスは出走予定馬見解のみ。

出走馬確定後は全体的に水準がかなり下がりました。

今回も自信度は低いレースとなりそうです。

出走データの少ない2歳馬レースは大体スピード指数が低い値となる事が多く

毎回自信度が低めではありますが、今回と同じ位の水準となったデイリー杯2歳ステークスでは

本命馬単勝5番人気のハッピーアワーが3着に台頭しワイド2通り490円、1870円が的中。

先週も東京スポーツ杯2歳ステークスでは本命ヴェロックスがハナ差で4着、

あと一歩3着に届いていればワイドのみではありましたが的中でした。

今回も正直自信が無い予想となりますが的中となる可能性はあるかもしれません、

いつもの様に予想していきたいと思います。

さてここも次走以降活躍しそうな馬を見つけたい所ですが、出走予定馬見解でも書いた様に

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスは創設して今年で5年目。

歴史も浅いという事もあって過去に台頭した馬で現在も活躍している馬が

2014年に3着に台頭したシュヴァルグラン位です。

昨年2着のタイムフライヤーホープフルステークスで勝利しましたが

今年の成績は全くダメでした。

そういった意味でもこのレースはかなり注目度は低い、

特に明日は大注目のジャパンカップが控えていますしね。

本日は個人的に平場特別レースの方を主に注目したい所です。

それではラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスの見解、予想をしていきます。

 

現在のラジオNIKKEI杯京都2歳ステークスです。

1番人気はワールドプレミア、2番人気がクラージュゲリエ

3番人気がミッキーブラックとなっています。

新馬戦上がりですが前走タイムは良かった武騎手騎乗のワールドプレミアが1番人気。

2番人気は前走G重賞レース、GⅢ札幌2歳ステークスで台頭した

3番人気ミッキーブラックに4番人気ブレイキングドーンは現在同オッズ、

上位人気はかなり割れていますね。

今回は荒れる展開となる可能性は低いでしょうが、1頭気になる穴馬がいます。

穴を空けるなら恐らくこの馬、恐らくヒモ荒れ位ならあるでしょう。

 

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2018出走馬指数分析

 

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス2018の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎ブレイキングドーン

スピード指数:46.8

スピード指数は46.8と低い値となりました、指数ランクは1番手、

騎手は今回も福永騎手が騎乗します。

前走はオープン萩ステークスに出走予定でしたが競争除外。

出走していればスピード指数はまずまずの値で指数ランク上位には入っていた

と思うので好走しただろうと思います。

また新馬戦でも全く人気はしませんでしたが2着馬に3馬身差をつけての勝利。

このデータの少ない中で今回実力が最もあるのは恐らくブレイキングドーンでしょう。

福永騎手も勝率は良く乗り替わりも無し、評価は高い。

低い値ですが指数から台頭の可能性が最も高いのはこの馬との見解です。

指数ランクからブレイキングドーンを本命に指名します。

 

 

〇ミッキーブラック

スピード指数:45.6

スピード指数は45.6と低い値、指数ランクは2番手、

指数ランク1番手のブレイキングドーンとの指数差は1.2開いています。

今回の騎手はC・デムーロ騎手です。

前走はオープン芙蓉ステークスで勝利。

今回過去のレースで好タイムだったと言えるのはワールドプレミアですが

これ位のタイムでは指数評価にそこまで影響はありませんでした。

また大きく馬身差をつけて勝利した馬もせいぜいブレイキングドーン位。

なので新馬戦・未勝利戦上がりの馬が多い中、指数評価が高くなるのは重賞レースや

オープンレースで結果を出した馬。

今回は前走芙蓉ステークスを勝利したミッキーブラックが指数ランク2番手評価となっています。

このメンバーなら台頭する実力はあるはず。

またC・デムーロ騎手に乗り替わりますが勝率は良い、

ただ前走C・ルメール騎手と比較すると評価は低いですね。

前走同様C・ルメール騎手ならスピード指数はもっと高い値だったかもしれません。

指数からも台頭はするとは思います、1着もあるかもしれません。

指数ランクからミッキーブラックを対抗馬に指名します。

 

 

▲クラージュゲリエ

スピード指数:45.0

スピード指数は45.0といった値で指数ランクは3番手。

指数ランク2番手のミッキーブラックとの指数差は0.6あります。

今回の騎手はJ・モレイラ騎手、新馬戦で1度騎乗しています。

前走はGⅢ札幌2歳ステークスで3着、

中央の重賞レースで台頭した事があるのはこのクラージュゲリエだけです。

出走予定馬見解では指数ランク1番手候補ではありましたが出走馬確定後に

全体的にスピード指数が大きく下がり順位も入れ替わった形。

もし札幌2歳ステークスで勝利していれば指数ランクトップだった可能性はあります。

まあ今回3番手となりましたが指数ランク1番手候補馬でしたので

好走する可能性は高いとは思います。

また今回J・モレイラ騎手の騎乗と言う点でも騎手評価は高い。

指数からも台頭の可能性はありそうですが1着はどうでしょうか。

指数ランクからクラージュゲリエを単穴に指名します。

 

ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス予想まとめ

 

今回見解を行ったのは3頭です。

指数ランク1番手の本命ブレイキングドーンはスピード指数は低いですが

指数差は2番手のミッキーブラックと結構開きがあるため

自信度は下がりますがこのメンバーの中で期待値は高い。

恐らく台頭は外さないのではないでしょうか。

ただ指数ランク2番手の対抗馬ミッキーブラックに指数ランク3番手単穴クラージュゲリエ

指数ランク上位3頭は人気しています、堅い決着の可能性は高そう。

しかし今回指数ランク4番手の馬が穴馬、この馬が穴を空ける可能性はあるかもしれません。

また本命ブレイキングドーンも人気はしているものの上位人気ではないので

配当妙味も結構ありそうです。

この穴馬の台頭に期待したい。

それでは買い目とこの指数ランク4番手の穴馬はいつもの様に

人気ブログランキングで発表致しますのでよろしくお願いいたします。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年11月18日

《東京9R 赤松賞》

馬連18500円 ワイド2通り3500円、510円

2018年11月第3週予想結果

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク