Pocket

今回はレパードステークス2018当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

現在のレパードステークスのオッズです。

1番人気はグレートタイム、2番人気がドンフォルティス

3番人気がアドマイヤビクターとなっています。

上位人気はほぼ予想通り、他も4番人気のアルクトスと5番人気のグリムが入れ替わった

形となっていますがおおよそ予想通りといった所。

人気ブログランキングで発表した穴予想の馬はヒラボクラターシュ

ここも予想通り人気落ちしてきましたね、穴馬となっています。

ただ上位人気2頭はかなり強いので台頭は難しいでしょう、

抑え位が良いかもしれません。

それでは各馬分析していきます。

レパードステークス2018予想オッズ等はこちらをご覧ください

 

レパードステークス2018出走馬指数分析

 

レパードステークス2018の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎グレートタイム

スピード指数:50.1

スピード指数は50.1と高い値が出ています。

指数ランクは2番手ですが今回はこのグレートタイムを本命にしたいと思います。

騎手は今回もC・ルメール騎手。

前走地方GⅠジャパンダートダービーで3着、前走走はGⅢユニコーンステークスで2着。

ここ2走はルヴァンスレーヴ相手に勝ち切れていませんがこのルヴァンスレーヴのいない

レースではやはりグレートタイムが最有力となるでしょう。

さすがに台頭はするはず、1着の可能性も高い。

今回もC・ルメール騎手が騎乗するので高評価です。

ただスピード指数ではドンフォルティスに劣っていますね、まあスピード指数は高いですし

指数ランク2番手と上位、指数からも台頭の可能性は高いでしょう。

グレートタイムを本命に指名します。

 

 

〇ドンフォルティス

スピード指数:51.0

スピード指数は51.0と高い値が出ており指数ランクは1番手。

指数ランク2番手のグレートタイムとは0.9開いています。

騎手は2走ぶりの石橋騎手。

前走は地方GⅠジャパンダートダービーで6着と馬券圏外となりましたが

前々走オープン伏竜ステークスは1着で実力馬ルヴァンスレーヴに勝ち切っています。

またジャパンダートダービーは2000mでしたがレパードステークスは伏竜ステークスと

同じ1800m、距離も条件としてはかなり良いと見ていいんじゃないでしょうか。

まあ台頭は濃厚でしょう、後はグレートタイムとどちらが勝つか。

石橋騎手は勝率も悪くなく伏竜ステークスの勝利もあり評価としては高い。

指数ランクは1番手ですがグレートタイムと指数差が0.9開いていますがここはあえて評価を下げます。

ただ指数からは勝つ可能性が高いのはドンフォルティス、台頭の可能性は高いでしょう。

ドンフォルティスを対抗馬に指名します。

 

 

▲アドマイヤビクター

スピード指数:48.2

スピード指数は48.2とまずまずの値、指数ランクは3番手。

指数ランク2番手のグレートタイムとの差は1.9とかなり開きました。

騎手戸崎騎手、初騎乗となります。

前走は500万下レースを勝利、500万下上がりで重賞レース初出走となりますが

グレートタイム、ドンフォルティス以外は何が来てもおかしくはないだろうメンバー構成なので

出走経験の少ないアドマイヤビクターも台頭の可能性は大いにあります。

また前走はなかなかの好タイムで勝利していますので意外と実力はあるのかもしれません。

戸崎騎手は初騎乗ですが勝率は良い、ただ前走の川田騎手の方が勝率は上なので

今回評価としては可もなく不可もなくといった所です。

指数ランクは3番手と上位ですがスピード指数は高くはなく期待値としてはやや低いでしょうか。

指数からは台頭の可能性はあるとは思いますがやはりグレートタイム、ドンフォルティス

が相手なので連対までは厳しいでしょうか。

指数ランクからアドマイヤビクターを単穴に指名します。

 

 

△グリム

スピード指数:47.5

スピード指数は47.5とやや低めの値となり指数ランクは4番手。

指数ランク3番手のアドマイヤビクターとの指数差は0.7あります。

騎手は内田騎手、初騎乗です。

前走はGⅢユニコーンステークスで9着、ルヴァンスレーヴとグレートタイムを相手にしたレース

でしたがこの結果はちょっと不甲斐なかったですね。

前々走はオープン青竜ステークスで勝利しておりGⅢなら通用する実力は持ち合わせていそうですが

やはり今回もグレートタイム、ドンフォルティスと実力馬がいますので分は悪い。

この2頭がいなければ勝てるレースだったかもしれませんね、まあ台頭の余地はあるでしょう。

内田騎手は初騎乗で勝率はも良くはありません、評価は低い。

指数ランクは4番手、スピード指数は低めでアドマイヤビクターとやや指数差も開いています。

指数からは期待値は低いですが台頭の可能性はあるだろうとは見ています、ただここもあって3着までか。

指数ランクからグリムを連下に指名します。

 

レパードステークス4予想まとめ

 

過去のレース傾向からは1番人気馬の台頭率が100%のレパードステークス

今回1番人気しているのが指数ランク2番手のグレートタイム

指数ランクからはグレートタイムが対抗馬ですが、レース傾向を重視し

評価を上げグレートタイムを本命指名しました。

しかし指数ランク1番手のドンフォルティスとの指数差は0.9あり、指数からは

ドンフォルティスの期待値が高い。

この判断が吉と出るか凶と出るか・・・

この2頭の内どちらか、また2頭とも台頭はするだろうとしてその次に台頭して来そうな馬が難しい。

指数からはアドマイヤビクター、指数ランク3番手ですがスピード指数は48.2なので

やや自信度は下がります。

そして注目の穴馬ヒラボクラターシュは予想通りの人気落ち、穴としてはかなり美味しいです。

ただ期待値は低いですしグレートタイムドンフォルティスが相手なのでかなり厳しい戦いになるでしょう。

恐らく穴を空けるとすればこの馬ではないでしょうか。

買い目はいつもの様に人気ブログランキングで発表致します。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク