Pocket

今回はローズステークス2018出走予定馬見解を中心とした記事を書いていきます。

 

「ローズステークス」は1983年に創設された牝馬限定の重賞レースです、

当初はエリザベス女王杯トライアルの副称が付けられており、

開催時期も10月、開催競馬場も京都競馬場の芝2000mで開催されていました。

1996年に「秋華賞」が創設されてからは複勝が秋華賞トライアルに改められ

開催時期は9月開催に、開催競馬場は阪神へと移されました。

また施工距離は2006年までは変わらず2000mで行われていましたが、2007年より1800mへと短縮となっています。

 

ローズステークス2018特別登録馬見解

 

今週も「target frontier jv」ツールを使っていきます。

過去5走前までの成績はこちらから(pdfファイル)

ローズステークス2018特別登録馬

 

今回の特別登録馬は18頭。

過去10年間を見ると17頭~18頭立てでと多頭数となる事が多いようですがおととしは15頭立て、

また2010年~2012年まではやや少なくなっており特に2012年は11頭立て開催と

結構出走頭数は少なかったみたいですね。

今年は何頭立てになるんでしょうか、また出走馬確定後の指数ランクは多少動きがあるかもしれません。

今回のメンバーの中で有力馬となりそうなのはまずトーセンブレス

前々走GⅠ桜花賞で穴指名した馬です。

その桜花賞では4着と惜しい走りでしたがアーモンドアイラッキーライラックリリーノーブルといった

有力馬相手に十分健闘していました。

前走のGⅠ優駿牝馬(オークス)で左前挫跖を発症し残念ながら出走取り消しとなりましたが

ここでの実力はやはりこのトーセンブレスが上でしょう。

不安要素は足の具合のみ、調子が良ければ上位台頭は間違いなし。

サトノワルキューレはGⅡフローラステークスを勝利、アンコールプリュはGⅡフィリーズレビューで2着。

GⅡで上位台頭経験があるのはこの2頭。

またカンタービレはGⅢフラワーカップを勝利しています。

スカーレットカラーはGⅢフェアリーステークスで2着、フィフニティはGⅢフラワーカップで2着。

グレードレースで台頭経験のある馬は上記の6頭、しかしどの馬もGⅠでは台頭していませんね。

有力馬となりそうなのはこの6頭か、この6頭での決着もあり得るかもしれません。

 

そして今回人気ブログランキングで発表する注目馬はあの馬!

 

現時点で指数ランク1番手の可能性が最も高そうなのは上記の有力馬の中の1頭。

その中で現在1番注目している馬です。

現時点ではそこまで高い値とまではならないかもしれませんが、

予想スピード指数は50.0を上回る可能性はありそうです

 

ローズステークス2018指数ランク上位予想

 

それではローズステークス2018の指数ランク上位候補馬を見解・予想していきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

オールフォーラブ

※出走予定時点でのポイント

・騎乗予想は和田騎手

オールフォーラブのポイントは1点。

前走はGⅠ優駿牝馬(オークス)、スピード指数は47.3とやや低い値となり指数ランクも7番手と中間より上の辺り。

結果は9着と敗北、指数評価としては若干過大評価といった結果でした。

騎乗予想は和田騎手。

以上の点から評価値は低め。

全体評価はやや高めです、現時点で指数ランク上位の可能性はあります。

予想スピード指数は前走と比較すると上がると思われます。

予想としては49.0台、50.0以上は無いでしょう。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

 

スカーレットカラー

※出走予定時点でのポイント

・騎乗予想は岩田騎手

スカーレットカラーのポイントは1点。

前走はGⅠ桜花賞、スピード指数は41.8と非常に低い値で指数ランクは15番手と下位。

完全に軽視しましたが結果は8着、負けはしましたが過小評価でした。

騎乗予想は岩田騎手。

以上の点から評価値は低い。

この馬も全体評価はやや高めですね、指数ランク上位の可能性は高くはないが無くはないといった所。

スピード指数も前走と比較すると上がるでしょうが予想スピード指数としては48.0台。

指数ランク上位候補です。

 

 

トーセンブレス

※出走予定時点でのポイント

・騎乗予想は柴田騎手

トーセンブレスポイントは1点。

前走GⅠ優駿牝馬(オークス)は出走取り消しのため比較対象は前々走GⅠ桜花賞、

スピード指数は46.0と低い値ではありましたが全体的にかなり低い水準だったため指数ランクは6番手。

結果は4着と惜しくも馬券圏外、やや過小評価でした。

騎乗予想は柴田騎手。

以上の点から評価値はまずまず。

全体評価は高め、指数ランク上位の可能性は十分あります。

スピード指数は前走と比較すると上がるでしょう、予想としては49.0台です

指数ランク上位候補の1頭。

 

 

フィフニティ

※出走予定時点でのポイント

・騎乗予想は福永騎手

フィフニティのポイントは1点。

前走はGⅠ桜花賞、スピード指数は46.1と低い値で指数ランクは4番手。

結果は12着と大敗、かなりの過大評価といった結果となりました。

騎乗予想は福永騎手

以上の点から評価値は低い。

この馬も全体評価は高めの評価、指数ランク上位の可能性は考えられます。

スピード指数も前走と比較すると上がると予想されます、予想スピード指数は49.0台。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

今回はこの4頭にもう1頭の注目馬が現時点での指数ランク上位候補馬となります。

その注目馬のポイントとしては

・騎乗予想はM・デムーロ騎手

この1点です。

現時点では評価値は高くはありませんが可もなく不可もなくといった所。

そして全体評価は高めの評価。

指数ランク上位候補の中で1番手の可能性が最も高いのはこの馬です。

予想スピード指数は50.0台と50.0は上回りそうですが、そこまで高い値は出ないと思われます。

この現時点で注目しているもう1頭は人気ブログランキングで発表致します。

↓↓↓現時点で1番注目したい狙い馬はこの馬!↓↓↓
人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク