Pocket

【ヴィクトリアマイル2018】出走予定馬見解

今回はヴィクトリアマイル2018出走予定馬見解を中心とした記事を書いていきます。

 

「ヴィクトリアマイル」は2006年に4歳以上の牝馬による春季チャンピオン決定戦として創設されました。

従来牝馬は早く引退させて繁殖馬とするべきという考えから特に古馬牝馬の目標となるレースが

無かったのですが、1996年に「エリザベス女王杯」が4歳以上のGⅠレースとして行われるようになってから

牝馬の重賞やローテーション充実が図られ、競走馬として長く活躍する牝馬が増え始めました。

現役で長く活躍した牝馬からも優秀な産駒が誕生するようになったり、ヨーロッパでも競走馬としての牝馬を

重視する傾向が強まってきた中でこの「エリザベス女王杯」が創設されたんですね~。

ですが創設にあたりJRAからは「強豪牝馬は競走馬のレベル向上のため早期に引退させるべきだ、レースに出ては故障する」

等の反対意見もあったそうです。

開催は創設時より5月の東京芝1600mで行われています。

「阪神牝馬ステークス」「福島牝馬ステークス」の2着以内の成績の馬に優先出走権が与えられています。

また「高松宮記念」及び「大阪杯」で2着以内の成績の地方競馬所属馬は

本レースの「ヴィクトリアマイル」「安田記念」のどちらかに優先出走出来ます。

そして2017年より本レースの3着以内に入った馬には本年のフランスで行われる「ジャックルマロワ賞」の優先出走権が与えられる事になりました。

 

今回のヴィクトリアマイル特別登録馬です。

今週も「target frontier jv」ツールを使っていきます。

ヴィクトリアマイル2018特別登録馬過去5走前までの成績はこちらから(pdfファイル)

ヴィクトリアマイル2018特別登録馬

 

今回の特別登録馬は18頭です。

過去10年間ではやはり18頭立てでの開催となる事が多いようですが、昨年と2011年は17頭立てで行われています。

今年も17頭立てか18頭立てとなるのではないでしょうか。

18頭立てなら除外馬は無く17頭立てで除外されるのは1頭です、出走馬確定後の指数ランクにはそこまで影響はなさそうです。

今回のメンバーは抜けている馬はいないという印象ですが強そうな馬もそろっており白熱した一戦となりそう。

また珍しく今回は4歳馬~6歳馬で構成されており若い馬同士での戦いとなります。

有力候補としてはアエロリットでしょうか。

昨年のGⅠNHKマイルカップは見事でしたね、1馬身半差での勝利。

また前走はGⅡ中山記念で2着、今回も上位台頭が期待出来そうですがなかなか勝たせてくれそうにない

相手も多いですのでどういった展開になるでしょうか。

そして昨年のヴィクトリアマイル上位3着馬もそろっていますね。

で1着のアドマイヤリードはそれ以降重賞レースでの台頭がGⅡ府中牝馬ステークスのみですね、

またGⅢ東京新聞杯では12着と大敗しています。

実力はありそうなので上位台頭は十分ありそうです、連覇となるのでしょうか。

2着のデンコウアンジュと3着のジュールポレールはどちらも

GⅠエリザベス女王杯で大敗しています。

強そうなメンバーもそろっていますし今回台頭はどうかといった感じですが昨年のヴィクトリアマイルは

上位人気が全て馬券圏内で荒れたレースとなりました。

デンコウアンジュなんかは11番人気でしたし今回も一発あるかもしれませんね。

あと注目したいのはミスパンテール、リスグラシューにレッツゴードンキといった所。

3頭とも好成績で来ていますし実力は申し分ないでしょう、好走が期待出来そう。

その他気になる馬はいますがこんな所でしょうか。

波乱が多いこのレース、特に今回は若い馬同士での対決となります。

今年はどういった展開になるのでしょうか楽しみですね、注目していきたいと思います。

 

ヴィクトリアマイル2018出走予定馬見解

それではヴィクトリアマイル2018出走予定馬見解をスピード指数で行っていきます。

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

 

〈主な予想成績〉

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

 

アエロリット

前走のスピード指数は48.0とまずまずの値ではありましたが指数ランク2番手以降が低い水準となり指数ランクは2番手でした。

結果は2着と指数ランク通りでした。

前走スピード指数は高くはありませんでしたが指数ランクは2番手で結果も出しています。

今回も指数ランク上位となる可能性がありそうです。

スピード指数は変わらないかもしれません、同数辺りか上がったとしてもわずかでしょう。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

 

ソウルスターリング

前走のスピード指数は52.3とかなり高い値となり指数ランクは1番手でした。

ですが結果は10着、過大評しすぎといった結果。

前走は敗北しましたがスピード指数、指数ランク共に高い評価でしたので今回も指数ランク上位の可能性はあるかもしれません。

ただスピード指数は敗北という点もあり前走と比較するとまず下がるでしょう、高い値は出そうにありませんがまずまずの値は出そうです。

指数ランク上位候補です。

 

 

ミスパンテール

前走のスピード指数は48.1とまずまずの値で指数ランクは4番手。

結果は1着で勝利、やや過小評価といった感じの結果でした。

前走のスピード指数は高くは無く指数ランクも上位には入りませんでしたが

勝利しており今回指数ランク上位に上がって来る可能性がありそう。

ですが前走と比較してもスピード指数はあまり上がらないかもしれません、同数辺りかもしくは下がるとも予想されます。

指数ランク上位候補の1頭。

 

 

リスグラシュー

前走のスピード指数は50.2と高い値、指数ランクは2番手でした。

結果は3着、台頭しています。

前走は3着と何とか台頭といった結果でしたがスピード指数も高く指数ランクも上位でしたので今回も指数ランク上位の可能性はあります。

ただスピード指数は前走よりは下がるでしょう、なかなかの値とはなるかもしれませんが高い値とはならなさそうです。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

 

レーヌミノル

前走GⅠ高松宮記念のスピード指数は47.1とやや低い値となり指数ランクは6番手でした。

結果は7着とおおよそ指数ランク通りといった感じでの敗北。

前走敗北しスピード指数、指数ランクもやや低評価でしたが、現時点ではメンバーの中での評価は指数ランク上位となるかもしれないといった見解。

ただスピード指数も前走と比較すると多少上がりはするかもしれませんがそこまでの値は出そうにありません。

指数ランク上位候補の1頭ですが指数ランク1番手はなさそうです。

 

今回はこの5頭に、もう1頭が現時点での指数ランク上位候補です。

その現時点で注目しているもう1頭は人気ブログランキングで発表致します。

↓↓↓現時点で1番注目したい狙い馬はこの馬!↓↓↓
人気ブログランキングへ

 

今回は以上です。

次は京王杯スプリングカップ2018出走予定馬見解

京都ハイジャンプ2018出走予定馬見解を行っていく予定です。

それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク