Pocket

【中山牝馬ステークス2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズ

今回は中山牝馬ステークス2018出走馬指数予想と見解、予想オッズ

中心とした記事を書いていきます。

 

今回の中山牝馬ステークスは14頭立過去10年では最も少ないですね。

特別登録馬は17頭おり除外されたとしても1頭だろうと思っていましたがノットフォーマルハローユニコーンヒストリアの3頭が除外となりました。

上記3頭は指数ランク上位候補外でしたがフィリーズレビューと同じく指数ランク上位は出走予定時点の候補3頭で

指数ランク4番手~6番手に動きがありました。

ではどの馬が上がってきたのか、出走馬確定後のスピード指数と指数ランク順を分析・予想していきます。

【中山牝馬ステークス2018】出走予定馬見解

 

中山牝馬ステークスの過去10年のデータです。

1番人気馬が上位台頭したのは4レースで複勝率は40%。

2番人気馬の上位台頭は1レースの複勝率10%で3番人気馬の上位台頭は2レースで複勝率は20%となっています。

上位人気馬が2頭以上台頭したレースは1レースで複勝率は10%、人気馬の特に2番人気、3番人気は信用度は低いと言っていいでしょう。

また10番人気以下の穴馬が台頭したレースは6レースで複勝率は60%と非常に荒れやすいレースとなる傾向にあります。

過去に2度、3連単100万超えの大荒れのレースもあり高配当が期待出来ます。

その分予想も難しくなっては来ますが人気薄でも積極的に狙っていきたいと思います。

 

次に中山牝馬ステークスの予想オッズを発表します。

1 フロンテアクイーン (3.5~4.0)
2 マキシマムドパリ  (4.0~4.5)
3 トーセンビクトリ- (4.5~5.0)
4 カワキタエンカ   (6.0~6.5)
5 ワンブレスアウェイ (8.0~9.0)
6 エテルナミノル   (10.0~11.0)

以上、上位人気しそうな6頭の予想オッズです。

フロンテアクイーンが1番人気するとの予想です。

6番人気辺りから2桁オッズとなるのではないでしょうか。

 

中山牝馬ステークス2018出走予定馬指数予想と見解

中山牝馬ステークス出走馬確定後の指数予想と見解です。

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

〈主な予想成績〉

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週予想結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第4週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

 

トーセンビクトリー

予想スピード指数:49.0~50.0

スピード指数は49.0台で指数ランクは1番手との予想、50.0まではいかないでしょう。

予想オッズは3番人気。

出走予定時点で注目していた馬はこのトーセンビクトリーです。

ここ最近の成績はGⅠ、GⅡレースへの出走が多いですがGⅠでは大敗、

GⅡでは馬券圏内まであと一歩というところで敗北というのが続いています。

ですが昨年の中山牝馬ステークスを勝利、特にその点の評価からスピード指数が上がって来ており

指数ランクも予想ではありますが1番手となりそうです。

現時点で指数ランクからトーセンビクトリーが本命候補です。

 

 

マキシマムドパリ

予想スピード指数:48.0~49.0

予想スピード指数は48.0台で指数ランクは2番手の予想、

前走GⅢ愛知杯で3着と台頭しています。

3走前はGⅠエリザベス女王杯に出走し4着と惜しくも馬券圏外。

昨年7月以降勝利はありませんが実力はある馬、今回スピード指数は高くはなさそうですが

指数ランク2番手予想と評価は高く上位台頭は濃厚とみています。

現時点で指数ランクからマキシマムドパリは対抗馬候補です。

 

 

エテルナミノル

予想スピード指数:48.0~49.0

予想スピード指数はマキシマムドパリ同様48.0台で指数ランクは3番手の予想、

指数ランク2番手予想のマキシマムドパリとの差はあまりなさそうです。

予想オッズは6番人気。

前走GⅢ愛知杯を1着とマキシマムドパリと戦い勝利しました。

同じく3走前のGⅠエリザベス女王杯もマキシマムドパリと出走していましたが11着と大敗。

前走の結果もあり能力はそこそこありそう、指数ランクもマキシマムドパリに次いで3番手予想。

上位台頭も十分狙えるのではないでしょうか。

現時点で指数ランクからエテルナミノルは単穴候補です。

 

 

人気ブログランキングへ

予想スピード指数:48.0~49.0

予想スピード指数はマキシマムドパリ、エテルナミノルと同じく48.0台ですが指数ランクは4番手の予想、

指数ランク3番手予想のエテルナミノルとの差は僅差となるかもしれません。

今回予想オッズ時点では穴を空けそうな馬はこの馬になります。

大穴とまではならないと予想されますが人気薄にはなりそうです。

出走経験は少なめで成績もあまり良いとは言えませんがスピード指数も指数ランク2番手、3番手と

あまり差はなさそうなので上位台頭は十分期待出来ると見ています。

予想以上に人気落ちするようなら積極的に狙っていきます。

今回はこの馬を人気ブログランキングで発表します。

 

 

ワンブレスアウェイ

予想スピード指数:48.0~49.0

予想スピード指数は48.0台で指数ランクは5番手の予想、

今回指数ランク2番手~5番手はかなり拮抗するかもしれません。

予想オッズは5番人気です。

重賞レースでの成績は全て馬券圏外と良くはありませんが1000万下、1600万下では連対を逃していません。

格下のレースではありますがその点の評価からスピード指数も上がって来ており指数ランク上位には

届きそうにありませんがなかなかの指数となりそうです。

1着までは厳しいかと思いますが台頭はあるだろうとの見解です。

現時点で指数ランクからワンブレスアウェイは連下候補です。

 

 

フロンテアクイーン

予想スピード指数:47.0~48.0

予想スピード指数は47.0台で指数ランクは6番手の予想、

ここから若干差がついてきそうです

予想オッズは1番人気。

前走はGⅢターコイズステークスで2着。

GⅠレースでの台頭はありませんがここ最近は重賞レース以外でも好走が続いています。

今回人気してくるとの予想ですが台頭はどうか?

スピード指数もやや低くなると予想され、指数ランクも6番手辺りまで下がりそう。

3着、あって2着までではとの見解です。

現時点で指数ランクからフロンテアクイーンは連下候補です。

 

今回は以上になります。

次は【金鯱賞2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズを行っていく予定です。

それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク