Pocket

【中山記念2018】出走予定馬見解

今回は【中山記念2018】出走予定馬見解

中心とした記事を書いていきます。

 

フェブラリーステークスが終わりましたね、盛り上がりはしましたが予想ダメダメでした。

次のGⅠレースは来月最終週の高松宮記念、約1か月後となります。

今週は重賞レースが日曜日のみで2レースしか無くまた盛り上がりに欠けますが

しっかりと予想・分析力を入れ、楽しんでいきたいと思います。

 

「中山記念」は1936年に4歳馬以上による重賞レースとして創設されました。

このレースは80年以上も歴史があるんですね。

さらに前身レースとして1930年創設の「内国産馬競走4000米」と1933年創設の「中山5歳馬特別競走」があったそうです。

創設当時はハンデ戦として芝3200mと長距離のレースで春と秋の年2回行われていました。

その後度々遍歴があり施工距離は1957年より1800mで定着、施工時期は1972年より2月下旬~3月上旬で定着となっています。

また昨年からGⅠに昇格した「大阪杯」へのステップレースとして本レースの1着馬に優先出走権が与えられ、

それに合わせて地方競馬所属も出走できるようになりました。

 

今回の中山記念は特別登録馬が10頭しかいません。

過去10年間でここ最近は少頭数となる事が多くなっていますが2015年~2017年は11頭立て。

10頭立てのレースは2009年以来で9年ぶりとなります。

今回の特別登録馬は全頭出走するのでしょうか?除外される馬がいればかなりの少頭数となりそうです。

そして特別登録馬の中で注目したいのはペルシアンナイト

前走のGⅠマイルチャンピオンシップはハナ差でしたが見事な勝利でしたね。

皐月賞でも2着に台頭しており今回の有力馬となる事は間違いないでしょう。

そしてヴィブロスは昨年の中山記念で5着、前走エリザベス女王杯

も5着でしたが実力はある馬、今回は上位台頭濃厚でしょうか。

アエロリットは昨年NHKマイルカップで勝利しています。

前走秋華賞は1番人気も7着でしたが今回は好走が期待出来るのではないでしょうか。

気になる馬はこれ位ですね。

今年も少頭数でのレースとなりますが楽しみです。

 

中山記念2018出走予定馬見解

それでは中山記念2018出走予定馬見解を行っていきます。

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

 

〈主な予想成績〉

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

 

アエロリット

前走GⅠ秋華賞のスピード指数は52.4と高い値で指数ランクは1番手。

上位台頭はあるとの見解でしたが結果は7着と敗北しています。

今回も指数ランク上位の可能性は高そうです。

ただスピード指数は前走程の値は出ないと思われます。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

 

ウインブライト

前走スピード指数は48.6となかなかの値ではありましたが指数ランクは4番手。

結果は2着と上位台頭しています。

今回指数ランク上位の可能性はあります。

ただスピード指数は高い値とまではいかないでしょう。

指数ランク上位候補ではありますが1番手、2番手まで上がりそうにありません。

 

 

ペルシアンナイト

前走GⅠマイルチャンピオンシップのスピード指数は47.0と高くはなく指数ランクは6番手でした。

結果は見事1着で勝利しています。

前走はやや低めの評価でしたが結果を出してきており今回は指数ランク上位は濃厚。

スピード指数も高い値が出そうです。

指数ランク上位候補の1頭、1番手、2番手の可能性は高そうです。

 

 

マイネルサージュ

前走のスピード指数は46.4とやや低い値で指数ランクは5番手、

結果は3着と入着しました。

今回指数ランク上位の可能性はありそう。

前走の評価は低めで3着という点からスピード指数は高い値とまではいかないと思います。

指数ランク上位候補の1頭ですが1番手、2番手までは難しそうです。

 

 

ヴィブロス

前走GⅠエリザベス女王杯のスピード指数は48.2とまずまずの値、指数ランクは5番手でした。

結果は5着と台頭とはなりませんでした。

前走は敗北しましたがGⅠレース、今回指数ランク上位に上がってくる可能性があります。

スピード指数もそこそこの値までは出そうです。

指数ランク上位候補、1番手の可能性もあるかもしれません。

 

現時点ではこの5頭が指数ランク上位候補です。

↓↓↓現時点で1番注目したい狙い馬はこの馬!↓↓↓
人気ブログランキングへ

 

今回は以上です。

次は阪急杯2018出走予定馬見解を行っていく予定です。

それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク