Pocket

【京都金杯2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズ

今回は京都金杯2018出走馬指数予想と見解、予想オッズを中心とした記事を書いていきます。
では続いて京都金杯の出走馬指数予想と見解、予想オッズを行います。

「京都金杯」「中山金杯」の11年後の1963年に創設された5歳(現4歳)以上の馬で行われるハンデ戦の重賞「迎春賞」が、1966年に「金盃」、1970年に「金杯」と名称が変更となり、1995年まで中山競馬場で行われる「中山金杯」と共に新年度の中央競馬の開幕を飾る重賞として行われてきましたがが、1996年から東西の金杯を区別するという事で「京都金杯」に変更となりました。
こちらは1966年から1980年まで別定のレースでしたが1981年以降ハンデ戦で行われています。
施行距離は創設以来2000mで行われていましたが、2000年より1600mに短縮されています。
また外国産馬は1993年出走可能となり、外国馬は2006年から出走可能となりました。

引用:Wikipedia

京都金杯の過去10年のデータです。

1番人気馬が上位台頭したのが5レース、2番人気が3レースで馬3番人気馬は5レースとなっています。
上位人気馬が2頭以上台頭したレースは4レースで、1番人気馬と3番人気馬が馬券に絡む可能性がやや高そうです。
また10番人気以下の穴馬が台頭したレースは3レースあり大きく荒れる可能性は低そうですが人気薄の馬も好走する可能性も十分にありそうです。
今年も上位人気馬は台頭しそうですが人気薄の好走で高配当も期待したいですね。

次に京都金杯の予想オッズを発表します。

1 レッドアンシェル (2.8~3.2)
2 ラビットラン   (4.5~5.0)
3 ブラックムーン  (5.0~5.8)
4 クルーガー    (5.5~6.5)
5 ウインガニオン  (7.0~8.0)
6 アメリカズカップ (12.0~13.5)

以上、上位人気しそうな6頭の予想オッズです。
1番人気はレッドアンシェルとの予想です。
6番人気か辺りから10.0倍を超えるオッズとなるのではないでしょうか。

 

京都金杯2018出走予定馬指数予想と見解

京都金杯出走馬確定後の指数予想と見解です。

※当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、それを基準として予想・分析するものです。
50.0以上の値はかなり期待値が高いと見ています。

 

 

レッドアンシェル

予想スピード指数:52.0~53.0

予想スピード指数は52.0台で指数ランクは1番手の予想、予想ではかなり高い値となりそうです。
予想オッズは1番人気しそうです。
GⅠレース出走経験は2回、おととしGⅠ朝日フューチュリティステークスに出走し結果は8着、昨年はGⅠNHKマイルカップに出走し惜しくも4着でした。
GⅠでもなかなかの走りをしていますし昨年GⅢ富士ステークスでは2着でしたので今回GⅢ京都金杯でも上位台頭は期待出来るでしょう。
現時点でレッドアンシェルが本命候補です。

 

 

クルーガー

予想スピード指数:50.0~51.0/span>

スピード指数は51.0台で指数ランクは2番手との予想、こちらも高い値となりそうですが指数ランク1番手予想のレッドアンシェルとは差が開きそう。
予想オッズは4番人気です。
前走マイルチャンピオンシップでは6着でしたが過去にGⅢ、GⅡレースと結果を出しています。
今回も上位台頭は十分期待出来ると思います。
現時点でクルーガーが対抗馬候補です。

 

 

キョウヘイ

予想スピード指数:49.0~50.0

スピード指数は49.0台で指数ランクは3番手との予想、予想ではなかなか高い値にはなりそう。
予想オッズは7番人気です。
出走予定時点ではラビットランよりは下になるのではと思っていましたが出走馬が確定し、ラビットランより評価は高くなりそうです。
昨年大敗したもののGⅠに2度出走しています。
最近はあまり結果が出ていませんがGⅢで勝利した経験もあり今回馬券圏内なら狙えるのではないでしょうか。
現時点でキョウヘイは単穴候補です。

 

 

人気ブログランキングへ

予想スピード指数:48.0~49.0

スピード指数は48.0台で指数ランクは5番手の予想。
出走予定時点では評価は低めでしたが指数ランクは5番手まで上がっています。
指数ランク4番手はラビットランですが予想スピード指数はラビットランと差がほとんどありません。
GⅠでは大敗していますがGⅢなら馬券圏内の可能性はあると思います。
予想ではラビットランが人気しそうなのでスピード指数に大差がないのなら人気しそうにないこの馬を狙っていきたい。
現時点での候補は連下もしくは星印になりそうです。
今回はこの馬を人気ブログランキングで発表します。

 

以上になります。
次はフェアリーステークス2018出走馬確定後の指数予想、見解と予想オッズを行う予定です。
それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク