Pocket

今回は京成杯2019当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

本日は成人の日、今週は新年早々3日開催となりました。

本日開催の京成杯は12頭立てと少頭数で行われます。

ここ最近はここまで頭数が少なくなることはありませんでしたが過去10年を見ると

12頭立て~13頭立てと少頭数開催が結構あるレースです。

また過去10年での1番人気馬、2番人気馬の台頭率は高く10番人気以下の台頭率非常に低い。

波乱の巻き起こりにくいレース傾向にあり、特に今年は12頭立てという事で

例年以上に堅い決着となりそうです。

ただ指数からは一波乱ありそうな予想、自信度は低くなりますが狙っていきます。

それでは京成杯の各馬を分析・予想を行っていきます。

 

現在の京成杯のオッズです。

1番人気はシークレットラン、2番人気がランフォザローゼス

3番人気がラストドラフトとなっています。

1番人気は前走葉牡丹賞でレコードタイムを出したシークレットラン

京成杯はオッズが割れる傾向にありますが今年も同様に

割れており1番人気で3.0倍以上のオッズがついています。

2番人気が前走葉牡丹賞で2着とシークレットランに

一歩及ばなかったランフォザローゼス

3番人気に新馬戦上がりでC・ルメール騎手が騎乗するラストドラフト

オッズは結構割れています。

4番人気のダノンラスターとここまでオッズが拮抗しており、

5番人気カテドラルから2桁オッズといった状況です。

そして今回の注目の穴馬は大穴。

穴で狙って見たい馬がもう1頭いますが妙味としてはこの馬が上、

まあ正直厳しいかなとは思いますが指数からは期待値は高めと見ているので

もしかすると一発あるかもしれません。

この穴馬は後程買い目と一緒に人気ブログランキングで発表

致しますのでよろしくお願いいたします。

 

京成杯2019出走馬指数分析

 

京成杯2019の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎シークレットラン

スピード指数:49.5

スピード指数は49.5となかなかの値で指数ランクは1番手。

騎手は今回も内田騎手が騎乗。

前走は500万下葉牡丹賞を勝利。

今回重賞レース経験馬も何頭かいますがどの馬も不安があり評価は低い。

シークレットランは今回が重賞レース初出走となりますが

やはり前走のレコードタイムがかなりの高評価、また成績も良いですし

指数評価トップとなりました。

ここでも好走すると見て間違いないでしょう。

内田騎手の勝率は今年はまだまだですが昨年は良かった、

騎手評価は評価は高い。

指数からも台頭の可能性が最も高いのはこのシークレットランとの見解、

前走のタイムもありますし1着の可能性は高いのではないでしょうか。

指数ランクからシークレットランを本命に指名します。

 

 

〇ランフォザローゼス

スピード指数:48.7

スピード指数は48.7とまずまずの値となりました、指数ランクは2番手。

指数ランク1番手のシークレットランとの指数差は0.8あります。

騎手は今回O・マーフィー騎手。

前走500万下葉牡丹賞でシークレットランに勝ち切れず2着。

葉牡丹賞は1馬身をつけられての2着でしたが1着のタイムはレコード、

なのでランフォザローゼスのタイムもなかなかのものでした。

前走のタイムから見てもシークレットラン、ランフォザローゼスとの

1着争いとなるんじゃないでしょうか。

まあランフォザローゼスも台頭は濃厚でしょう。

今回O・マーフィー騎手に乗り替わり、前走のJ・モレイラ騎手と比較した場合

評価はやや下がりますがO・マーフィー騎手も勝率は良いので評価は高評価です。

指数からも台頭の可能性は高いと見ています、

やはり1着はシークレットランかランフォザローゼスのどちらかか。

指数ランクからランフォザローゼスを対抗に指名します。

 

 

▲カテドラル

スピード指数:47.7

スピード指数は47.7とやや低めの値となっており指数ランクは3番手。

指数ランク2番手のランフォザローゼスとの指数差は1.0開いています。

騎手は前走同様福永騎手です。

前走はGⅢ東京スポーツ杯2歳ステークスで11着と大敗。

ここで重賞レース経験馬が入ってきました、

前走大敗したカテドラルが重賞レース経験馬の中で最も評価の高い馬。

東京スポーツ杯2歳ステークスでの成績は不甲斐ない結果でしたが

前々走は非常に少頭数だったもののオープンレースで勝利、

また新馬戦では2着馬に2馬身差以上をつけての勝利と平場では

強い走りを見せています。

まあ指数ランクが上のシークレットラン、ランフォザローゼスは前走

非常に好タイムでかたやカテドラルは前走大敗と不安要素は大きい。

それでも指数評価としては上位入り、好走の可能性はあると思います。

福永騎手は昨年の勝率も良く今年は騎乗数が少ないがまずまずといった騎乗成績、

騎手評価は高め。

指数からも台頭の可能性は十分あるだろうとの見解、

ただ1着は厳しいかもしれませんね。

指数ランクからカテドラルを単穴に指名します。

 

京成杯予想まとめ

 

以上が指数ランク上位の3頭です。

指数ランク1番手の本命シークレットランのスピード指数は50.0を下回っていますが

49.0台はこの馬のみといった評価となり指数からはこの馬が1番台頭する可能性が高いとの見解。

指数ランク2番手の対抗ランフォザローゼスはスピード指数48.0台ですがシークレットラン同様

前走タイムは非常によく今回も好走する可能性は高い。

指数からも期待値は高いと見ます。

今回特に期待値が高いと見ているのが上記の2頭、指数ランク3番手の単穴カテドラル以降は

やはり指数ランク上位も不安な点もあり自信度は低い。

そして今回注目の穴馬は指数ランク5番手の馬ですが、指数ランク4番手のカイザースクルーン

結構人気落ちしています。

注目している指数ランク5番手の馬は大穴、過去のレース傾向からはあまり

期待出来そうにありませんが指数からは期待値は高めと見て狙っていきたいと思います。

恐らく穴を空けるならこの2頭の内どちらかだろうとの見解。

それでは買い目とこの指数ランク5番手の穴馬はいつもの様に

人気ブログランキングで発表致しますのでよろしくお願いいたします。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年11月25日

《東京9R シャングリラ賞》

馬連17170円 ワイド2通り4340円、410円

2018年11月第4週予想結果

・2018年11月18日

《東京9R 赤松賞》

馬連18500円 ワイド2通り3500円、510円

2018年11月第3週予想結果

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク