Pocket

【京都新聞杯2018】出走予定馬見解

今回は京都新聞杯2018出走予定馬見解を中心とした記事を書いていきます。

 

「京都新聞杯」ですがこのレース、1953年に「京都盃」の名称で創設された重賞レースで現名称となったのが1971年。

そして1967年から1999年までは「菊花賞」のトライアルレースに指定されていたんですね~。

なので当時は10月に行われていたんですが2000年に「菊花賞」が10月開催に繰り上げとなったため、

同年よりトライアルレースから外される事になりました、それに伴い開催時期が5月に変更となり現在に至っていますね。

現在は「東京優駿(日本ダービー)」のステップレースとして行われており

3歳馬が賞金加算を目的に出走して来るようになっています。

施工距離は創設当時芝2400mでしたがその後1800mに短縮→2000mに延長→2200mへと数度の遍歴を繰り返し、

現在は2200mで定着しています。

 

今回の京都新聞杯特別登録馬です。

今週も「target frontier jv」ツールを使っていきます。

京都新聞杯2018特別登録馬過去5走前までの成績はこちらから(pdfファイル)

京都新聞杯2018特別登録馬

 

今回の特別登録馬は20頭いますね。

過去10年間では12頭立て~18頭立てとまちまち、昨年は12頭と少頭数で行われました。

今年は20頭の登録馬がいるので少なくはならないでしょう、何頭立てとなるのか。

18頭立てとなっても除外されるのは2頭、さらにそこから数頭除外されるかもしれません。

出走馬確定後の指数ランクにもある程度影響しそうです。

今回有力候補としてはなかなか難しい所、未勝利戦上がりの馬が多く

ある程度台頭するだろう馬はいますがどの馬が台頭してもおかしくはないといった感じ。

その中で気になるのはステイフーリッシュでしょうか。

新馬戦も2馬身差以上をつけ勝利、新馬戦上がりで出走したGⅠホープフルステークスでは3着と結果を出していますね。

ですが前走GⅢ共同通信杯では10着と大敗を喫しています。

実力はありそうな馬ですがやはり前走の成績はマイナス要素、今回は好走できるかどうか。

前走GⅢきさらぎ賞で2着に台頭したグローリーヴェイズ、今回で4走目ですがまだ連対を外していません。

このメンバーの中では台頭の可能性は高いのではないでしょうか、注目したいです。

今回特に気になる馬はこれ位でしょうか。

日本ダービーに向け何としても勝ちたい馬も多いでしょう。

予想としてはやや難しくなりそうな印象のメンバーですが分析・予想、しっかりしていきたいと思います。

 

京都新聞杯2018出走予定馬見解

それでは京都新聞杯2018出走予定馬見解をスピード指数で行っていきます。

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

 

〈主な予想成績〉

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

 

アドマイヤアルバ

前走のスピード指数は50.5高い値が出ましたが上位ランクの値は高い水準だったため指数ランクは4番手でした。

結果は1着と見事勝利しています。

前走のスピード指数は高く指数ランクは上位には入りませんでしたが結果を出しており、

今回は指数ランク上位となる可能性があります。

ですがスピード指数は前走と比較すると下がると思われます高い値は無いと思われますがどこまで下がるか、といった感じです。

指数ランク上位候補の1頭。

 

 

アルムフォルツァ

前走のスピード指数は49.3となかなかの値で指数ランクは2番手でした。

結果は1着、勝利しました。

前走は少頭数でのレースでしたがスピード指数も悪くは無く指数ランクも上位で1着となっており

今回も指数ランク上位に上がって来そうです。

スピード指数は前走との比較では同数辺りになると予想されます、ただ上がったとしても50.0までは届きそうにありません。

指数ランク上位候補。

 

 

シャルドネゴールド

前走のスピード指数は48.4とまずまずの値でしたが水準は低めだったためこの値でも指数ランク1番手。

結果は7着、過剰評価となりました。

前走指数ランクはトップではありましたがスピード指数も高くは無く敗北、ですが前々走の評価は高く結果も出しており

また今回のメンバーでの比較では指数ランク上位の可能性は十分にあります。

スピード指数は前走より下がる事はなさそうですが上がったとしてもわずかな値だろうとよそされます。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

 

タニノフランケル

前走のスピード指数は54.3と非常に赤い値が出ました、指数ランクもダントツの1番手。

結果は1着、4馬身差をつけての勝利と指数通りの結果。

前走はスピード指数、指数ランク共にかなりの高評価で結果も出しています。

今回も指数ランク上位に上がって来る可能性があります。

ただスピード指数は前走よりは下がるでしょう、今回は高い値にはならないと思いますがまずまずの値とはなりそうです。

指数ランク上位候補です。

 

 

レイエスプランドル

前走のスピード指数は41.8とかなり低い値となり指数ランクも11頭中9番手と下位でした。

結果は勝利しており過小評価といった結果となりました。

前走は低評価で軽視はしましたが予想に反しての勝利、その結果も影響し今回は指数ランク上位となるかもしれません。

スピード指数はまあ前走よりは上がりますが高い値までは無いでしょう、また指数ランク1番手となる事はなさそうです。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

今回はこの5頭に、もう1頭が現時点での指数ランク上位候補です。

その現時点で注目しているもう1頭は人気ブログランキングで発表致します。

↓↓↓現時点で1番注目したい狙い馬はこの馬!↓↓↓
人気ブログランキングへ

 

今回は以上です。

次は新潟大賞典2018出走予定馬見解を行っていく予定です。

それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク