Pocket

【京都新聞杯2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズ

今回は京都新聞杯2018出走馬指数予想と見解、予想オッズ

中心とした記事を書いていきます。

 

今週も「target frontier jv」ツールを使っていきます。

枠順が確定しましたので京都新聞杯2018出馬表です。

京都新聞杯2018出馬表↓過去5走前までの成績はこちらから(pdfファイル)

京都新聞杯2018出馬表

 

今年の京都新聞杯は17頭立てとなりました。

昨年、おととしと比べると多くなっています。

特別登録馬は20頭いましたので除外となったのはイペルラーニオサトノシリウスドラセナの3頭。

除外馬の中に出走予定時点での指数ランク上位候補馬はいませんでしたが若干指数ランクには影響が出ています。

それでは指数ランクはどうなったのでしょうか、スピード指数と指数ランク順を分析・予想していきます。

【京都新聞杯2018】出走予定馬見解

 

京都新聞杯の過去10年のデータです。

京都新聞杯2018↓各レースの詳細はこちらから(htmlファイル)

京都新聞杯過去10年の結果

 

1番人気馬が上位台頭したのは7レースで複勝率は70%。

2番人気馬の上位台頭は6レースの複勝率は60%で3番人気馬の上位台頭は4レースの複勝率は40%となっています。

1番人気馬の複勝率は結構高めですね、2番人気馬も5割を超えています。

上位人気馬が2頭以上台頭したレースも6レースの複勝率は60%、

10番人気以下の馬が上位台頭したのは2レースの複勝率は20%と堅い決着となる可能性が高そう、

波乱の余地はなさそうですね。

過去のレース結果からの観点からはやはり1番人気馬から入るのが良さそうです。

そこから2番人気馬と3番人気馬、3番人気馬の期待値はやや低いですが消すのはちょっと怖いです。

さらに相手に4番人気~9番人気馬を指名。

10番人気以下の穴馬は台頭の可能性はあるにはありますが、そこまで広げると

ガチガチの決着も十分考えられますのでトリガミの危険性も上がって来ます。

なのでいっその事消してしまっても良いと思います。

 

次に京都新聞杯のオッズです。

1 フランツ      (3.0~3.5)
2 タニノフランケル  (3.5~4.0)
3 グローリーヴェイズ (4.5~5.0)
4 シャルドネゴールド (7.0~7.5)
5 ケイティクレバー  (11.0~12.0)
6 ステイフーリッシュ (13.0~14.0)

以上、現時点での上位6頭のオッズです。

1番人気はタフランツとの予想です。

5番人気辺りから2桁オッズになるのではないでしょうか。

 

京都新聞杯2018出走予定馬指数予想と見解

京都新聞杯出走馬確定後の指数予想と見解です。

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

〈主な予想成績〉

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

 

ケイティクレバー

予想スピード指数:49.0~50.0

予想スピード指数は49.0台で指数ランクは1番手の予想、50.0までは届かないでしょう。

出走予定時点での狙い馬はこのケイティクレバー。

予想オッズは5番人気。

スピード指数はなかなかの値での指数ランク1番手予想、指数ランク2番手との差はそこまではなさそうです。

GⅠレースへの出走は皐月賞、朝日杯フューチュリティステークスがありますがどちらも大敗。

ですがGⅡなら十分に通用する実力はあると見ています。

指数からはこのケイティクレバーが有力候補、上位台頭はするだろうとの見解です。

現時点で指数ランクからケイティクレバーが本命候補です。

 

 

人気ブログランキングへ

予想スピード指数:48.0~49.0

予想スピード指数は指数ランク48.0台で指数ランクは2番手の予想、僅差ではありませんが意外と差は無いと思われます。

今回予想オッズ時点で穴を空けそうな馬はこの馬になります。

スピード指数は高くはなさそうですが指数ランクは2番手予想、成績は悪くはありませんが

そこまで良いとも言えないといった感じ。

指数から上位台頭の余地は十分にあるのではとの見解です。

ただ穴を空ける可能性が1番高いのはこの馬だと見ていますが予想オッズ時点では大穴となる予想。

過去のレース傾向から穴馬の台頭は期待値が低い為そこが気になる点、好走はすると思います。

今回はこの馬を人気ブログランキングで発表します。

 

 

タニノフランケル

予想スピード指数:48.0~49.0

予想スピード指数は指数ランクは2番手の馬と同じく48.0台で指数ランクは3番手の予想、ここは僅差となるかもしれません。

予想オッズは2番人気。

ここもスピード指数はそこまで高くはなさそうですが指数ランクは3番手の予想で指数差も僅差の可能性。

成績は500万下上がりで前々走のオープンレースは4着で馬券圏外、

しかし前走の500万下では4馬身差をつけての勝利と強い走りではありました。

指数から台頭の余地はあると見ます、1着となる可能性もあるかもしれません。

現時点で指数ランクからタニノフランケルは単穴候補です。

 

 

シャルドネゴールド

予想スピード指数:47.0~48.0

予想スピード指数は47.0台で指数ランクは4番手の予想、

指数ランクは3番手予想のタニノフランケルとの差はやや開きそうです。

予想オッズは4番人気。

指数ランクは4番手ではありますがスピード指数はやや低めとなりそう。

成績は500万下レースではしっかりと結果を出していますが前走GⅢ毎日杯で7着と敗北しています。

GⅡレースではやや厳しいかとも思えますが指数からはこのメンバーなら台頭の余地ははあるだろうとの見解、

ただ1着までは無いと見ています。

現時点で指数ランクからシャルドネゴールドは連下候補です。

 

 

フランツ

予想スピード指数:47.0~48.0

予想スピード指数は指数ランクは4番手予想のシャルドネゴールド同様47.0台で指数ランクは5番手の予想、

ここも僅差になると予想されます。

予想オッズは1番人気。

指数ランクは5番手予想ですがスピード指数は拮抗すると思われます。

成績は500万下上がりで前走は2馬身差をつけての勝利でしたが前々走の500万下では5着となっています。

予想オッズでは人気してくると思いますが実力的にはやや力不足ではないかとの見解。

今回もM・デムーロ騎手が騎乗、高評価ですがそれでも能力的に評価は上がって来ないといった感じです。

上位台頭したとしても3着までではないかと見ています。

現時点で指数ランクからフランツは連下候補です。

 

今回は以上になります。

次は【新潟大賞典2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズを行っていく予定です。

それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク