Pocket

今回は京都記念2019当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

今年の京都記念は12頭立てです。

過去10年でも少頭数開催が多いレースですがおととし、昨年の10頭立てと比べると

多いとは言えるかもしれません。

京都記念は上位人気馬の台頭率が多く、その中でも特に3番人気馬が80%と

非常に高くなっています。

1番人気馬、2番人気馬も台頭率は50%を超えており、また穴馬の台頭はありません。

なので荒れる事はまず無いでしょう、今年も堅い決着となりそう。

指数からも上位は人気している馬が多いです。

今回も気になる穴馬はいますが傾向からは期待値は低いかもしれません。

ただ先週のきさらぎ賞、堅い決着になると思ってはいましたがまさかの波乱の展開。

そこで取り上げた注目の穴馬が2着に台頭し高配当の馬連が的中となりましたので

もしかすると今回もそう言った事があるかもしれませんね。

それでは京都記念の各馬を分析・予想を行っていきます。

 

現在の京都記念のオッズです。

1番人気はステイフーリッシュ、2番人気がマカヒキ

3番人気がタイムフライヤーとなっています。

今回結構割れていますね~、1番人気のタイムフライヤー

3.0倍台後半の単勝オッズとなっています。

2番人気のマカヒキはダービー馬、昨年は良い成績ではありませんでしたが

ここで結果を出してスタートダッシュをかけたい所ではないでしょうか。

3番人気のタイムフライヤーも2歳時に大活躍があってから3歳以降

全くもっていい所無し、せめて馬券圏内には入りたい。

ここから6番人気までオッズ差は非常に僅差となっており、

7番人気ブラックバゴから2桁オッズで大きく差が広がり始める

といった状況となっています。

そして今回注目の穴馬ですが大穴ではありませんし

期待値は低いです。

なので注目はしたいですがあまり狙ってはいません、

ただ連対があれば馬連オッズはかなりの配当とはなりそうです。

この穴馬は後程買い目と一緒に人気ブログランキングで発表

致しますのでよろしくお願いいたします。

 

京都記念2019出走馬指数分析

 

京都記念2019の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎マカヒキ

スピード指数:50.2

スピード指数は50.2と高い値が出ており今回50.0を上回った馬はマカヒキのみ、指数ランクは1番手。

騎手は前走同様岩田騎手が騎乗。

前走はGⅠ有馬記念で10着。

2016年東京優駿(日本ダービー)を制していますが4歳以降GⅠで全く結果が出ていません。

それでもおととしの京都記念で3着、昨年はGⅡ札幌記念2着とやはりダービー馬だけあって

GⅡクラスでは実力上位馬。

今回メンバーを見てもそれほど脅威となる馬はいない、

ここも上位台頭濃厚でしょう。

岩田騎手は前走乗り替わりで結果は出せていませんが今年は今のところ勝率が良い、

なかなかの評価です。

指数から台頭の可能性が最も高いのはこのマカヒキとの見解、

案外余裕の勝利もあるかもしれません。

指数ランクからマカヒキを本命に指名します。

 

 

〇パフォーマプロミス

スピード指数:49.6

スピード指数は49.6となかなかの値、指数ランクは2番手。

指数ランク1番手のマカヒキとの指数差は0.6とそこまでの開きはありません。

騎手は久々に福永騎手の騎乗、約2年ぶりですね。

前走はGⅠ有馬記念で14着。

この馬もGⅠでは結果を出せていないがGⅡでの成績が非常に良い。

前々走のGⅡアメリカンジョッキークラブカップでは勝利、

マカヒキには及ばないと思いますがここでの実力は上位でしょう。

ただ今回騎手が福永騎手、重賞レースはGⅠ宝塚記念を除いて

外国人騎手が騎乗していました。

やはり外国人騎手との比較では評価は下がりますが今年の福永騎手の勝率は良く

騎手評価としてはなかなかの高評価。

指数からも台頭の可能性は高いとの見解です。

1着もあるかもしれませんがどうか。

指数ランクからパフォーマプロミスを対抗に指名します。

 

 

▲タイムフライヤー

スピード指数:48.2

スピード指数は48.2とまずまずの値で指数ランクは3番手。

指数ランク2番手のパフォーマプロミスとの指数差は1.4あります。

騎手は今回も和田騎手です。

前走はGⅢ中山金杯で5着。

昨年は平場を含め全く結果を出せず、また今年の中山金杯でも台頭は出来ず幸先は悪い。

しかしなんだかんだでGⅠホープフルステークスで勝利しているので

潜在能力は十分にあると思っています。

まあマカヒキ、パフォーマプロミス相手は厳しいとは思いますが

台頭までならあるのでは。

和田騎手は勝率が低くタイムフライヤーでの結果が出ていないため

騎手評価としては低い。

指数からも台頭の可能性はあると見ています。

指数ランクからタイムフライヤーを単穴に指名します。

 

京都記念予想まとめ

 

以上が指数ランク上位の3頭です。

今回指数ランク1番手の本命マカヒキのみスピード指数50.0を上回るといった状況。

期待値は高いと見ています。

指数ランク2番手の対抗パフォーマプロミスのスピード指数はマカヒキとそこまで

大差なくこの馬も期待値は結構高いとの見解です。

指数ランク3番手の単穴タイムフライヤーは指数ランク上位ですがパフォーマプロミスとの指数差は大きい。

やはり台頭の可能性が高いといえそうなのはマカヒキパフォーマプロミスまでかとは思いますが

現在タイムフライヤーは3番人気、レース傾向からは台頭率は非常に高い。

指数、傾向からみてこの3頭が上位台頭の可能性が高いのではないでしょうか。

また現在1番人気のステイフーリッシュは指数ランク4番手、

買い目に入れますが期待値としては低めとの見解。

そして今回の注目の穴馬は指数ランク7番手の馬です。

期待値は低いので台頭はどうかと思いますが先週のきさらぎ賞の事もあり注目はしたい。

まあオッズは大きく割れているため人気馬同士での決着でもトリガミは無いでしょう、

穴馬は来たらラッキー程度の感覚で組んでいます。

それでは買い目とこの指数ランク7番手の穴馬はいつもの様に

人気ブログランキングで発表致しますのでよろしくお願いいたします。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年11月25日

《東京9R シャングリラ賞》

馬連17170円 ワイド2通り4340円、410円

2018年11月第4週予想結果

・2018年11月18日

《東京9R 赤松賞》

馬連18500円 ワイド2通り3500円、510円

2018年11月第3週予想結果

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク