Pocket

今回は小倉大賞典2019当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

今年の小倉大賞典フェブラリーステークス同様14頭立て。

過去10年はここもフェブラリーステークスと同じく毎年16頭立てが

定着していましたので過去最低頭数での開催となります。

しかし小倉大賞典は上位人気馬の台頭率が低い、

特に高い1番人気馬の台頭率も50%と半々の確率。

大穴の好走も結構ありますし大波乱の可能性も十分あります。

ですが指数からはあって小波乱程度の可能性が高いとの見解。

今回気になる穴馬が大穴のためそれに期待したいと思います。

それでは小倉大賞典の各馬を分析・予想を行っていきます。

 

現在の小倉大賞典のオッズです。

1番人気はタニノフランケル、2番人気がマイスタイル

3番人気がスティッフェリオとなっています。

前走重賞レースで初台頭を飾ったタニノフランケルが1番人気しています。

2番人気のマイスタイルは前走GⅢ京都記念で2着、本年幸先の良いスタートを

切りましたが今回この流れに乗って台頭となるか。

3番人気のスティッフェリオは前走GⅢ福島記念を勝利、

2番人気しているマイスタイルに勝ち切りました。

今回はオッズが非常に割れており6番人気までオッズには

あまり差が無いといった状況。

2桁オッズは7番人気からとなっていますね。

そして今回注目の穴馬は冒頭の様に大穴です。

ただ期待値は低いのであまり期待は出来ないかもしれません。

しかしもし台頭すれば大荒れになるでしょう、

何とか3着までに入って欲しい所。

この穴馬は後程買い目と一緒に人気ブログランキングで発表

致しますのでよろしくお願いいたします。

 

小倉大賞典2019出走馬指数分析

 

小倉大賞典2019の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎タニノフランケル

スピード指数:53.5

スピード指数は53.5と非常に高い値が出ています、指数ランクは1番手。

騎手は今回初騎乗の川田騎手。

前走はGⅢ中山金杯で3着、これが重賞レース初台頭でした。

前々走の大原ステークスでは指数ランク1番手で本命指名でしたが

中山金杯は過去の重賞成績が非常に悪く騎手評価も低かったため

指数評価が非常に低い値で度外視していました。

前走の結果も影響し今回指数評価はトップ、

今回も好走の可能性が高いと見ています。

また今回勝率の高い川田騎手に乗り替わりタニノフランケルは

初騎乗ではありますが指数評価はかなり上がっています。

指数から台頭の可能性が最も高いのはこのタニノフランケルとの見解、

今回は1着の可能性もありそうです。

指数ランクからタニノフランケルを本命に指名します。

 

 

〇マイスタイル

スピード指数:53.1

スピード指数は53.1とかなり高い値、指数ランクは2番手。

指数ランク1番手のタニノフランケルとの指数差は0.4と差はそこまでありません。

騎手は今回も田中騎手が騎乗します。

前走はGⅢ京都金杯で2着。

昨年GⅢ福島記念でも2着とGⅢで好成績を残していますが

GⅢ中日新聞杯8着やGⅡ札幌記念9着と敗北も多い。

ただメンバーを見ても実力は上位、馬券圏内は十分でしょう。

田中騎手は勝率が低く騎手評価としては低評価、

騎手評価の高い騎手が騎乗すれば指数ランクトップとなったかもしれませんね。

指数からも台頭の可能性はかなり高いと見ています。

もしかすると1着もあるかもしれません。

指数ランクからマイスタイルを対抗に指名します。

 

 

▲マウントゴールド

スピード指数:51.4

スピード指数は51.4とかなり高い値ですが指数ランクは3番手。

指数ランク2番手のマイスタイルとの指数差は1.7とかなり開いています。

騎手は昨年の小倉記念ぶりに騎乗する浜中騎手。

前走はGⅢ中山金杯で12着。

前々走チャレンジカップ以前は平場を含めなかなかの成績でしたが

前走は大敗を喫してしまいました。

やはり前走の大敗が影響しスピード指数は全体的に高い水準のため

50.0は上回っていますがマイスタイルに大きく指数差をつけてられての3番手評価となっています。

しかし指数ランクは上位、総合的に見て成績は悪くないので

今回も好走する可能性は高いと思います。

ただ今回武騎手から浜中騎手に乗り替わりとなり

騎手評価は前走と比較し下がってはいます。

指数からも台頭の可能性はあると見ています。

指数ランクからマウントゴールドを単穴に指名します。

 

小倉大賞典予想まとめ

 

以上が指数ランク上位の3頭です。

今回は全体的に非常に高い水準となりました。

指数ランク1番手の本命タニノフランケルがスピード指数53.5、

指数ランク2番手の対抗マイスタイルのスピード指数が53.1とどちらもかなりの高い値で

この2頭の期待値は非常に高いとの見解です。

指数ランク3番手の単穴マウントゴールドはスピード指数51.4と指数差は大きく開きますが

期待値は高く、また指数ランク4番手の連下はエアアンセムでスピード指数は51.3。

今回この4頭で決着する可能性が高いと見ています。

そして今回の注目の穴馬は指数ランク8番手の馬。

本線は上記の指数ランク上位4頭ボックス、しかしこの穴馬は非常に妙味があり捨てがたい。

なので可能性として低くなりますが高配当を狙ったタニノフランケル軸の流しを

参考買い目とさせていただきます。

ボックスでも十分プラスにはなるので余裕のある方はどちらも購入しても良いかもしれません。

それでは買い目とこの指数ランク8番手の穴馬はいつもの様に

人気ブログランキングで発表致しますのでよろしくお願いいたします。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年11月25日

《東京9R シャングリラ賞》

馬連17170円 ワイド2通り4340円、410円

2018年11月第4週予想結果

・2018年11月18日

《東京9R 赤松賞》

馬連18500円 ワイド2通り3500円、510円

2018年11月第3週予想結果

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク