Pocket

【弥生賞2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズ

今回は弥生賞2018出走馬指数予想と見解、予想オッズ

中心とした記事を書いていきます。

 

今回の弥生賞はチューリップ賞と同じく10頭立て。

こちらも過去10年で2009年と同数で最低頭数でのレースとなっています。

特別登録馬は11頭いましたので除外された馬は1頭、ニシノトランザムです。

この馬は出走予定時点での指数ランクは中間辺りでした。

このレースも指数ランクは出走馬確定後の目立った動きはありません。

出走馬確定後のスピード指数、指数ランク順の分析・予想していきたいと思います。

【弥生賞2018】出走予定馬見解

 

弥生賞の過去10年のデータです。

1番人気馬が上位台頭したのは7レースで複勝率は70%。

2番人気馬の上位台頭は6レースで複勝率60%、3番人気馬の上位台頭は2レースで複勝率は20%となっています。

また上位人気馬が2頭以上台頭したレースは4レースで複勝率は40%。

1番人気馬、2番人気馬の上位台頭はそこそこあり少頭数で行われる事も多いという事で配当妙味は少なそうですが

人気薄や穴馬が好走する事も少なくは無く意外とヒモ荒れとなる可能性は十分考えられます。

傾向からは上位人気勢を中心に予想を組み立てるのが良いかもしれませんね、ただ3番人気馬の期待値は低そうなので

そこはあまり重視すべきではなさそうです。

10頭立てではありますが穴馬の台頭も無視できないのでその点も含めて分析・予想していきます。

 

次に弥生賞の予想オッズを発表します。

1 ダノンプレミアム  (1.8~2.2)
2 ワグネリアン    (2.5~3.0)
3 オブセッション   (4.0~4.5)
4 ジャンダルム    (5.0~5.6)
5 サンリヴァル    (18.0~20.0)
6 リビーリング    (48.0~51.0)

以上、上位人気しそうな6頭の予想オッズです。

ダノンプレミアムが1番人気するとの予想です。

5番人気辺りから2桁オッズとなりそうです。

6番人気からはかなりオッズに差が出るのではないでしょうか。

 

弥生賞2018出走予定馬指数予想と見解

弥生賞出走馬確定後の指数予想と見解です。

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

〈主な予想成績〉

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週予想結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第4週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

 

ダノンプレミアム

予想スピード指数:53.0~54.0

スピード指数は53.0台で指数ランクは1番手との予想、非常に高い値となりそう。

予想オッズは1番人気です。

出走予定時点で注目していた馬はこのダノンプレミアム。

前走GⅠ朝日フューチュリティステークスを制覇、2着馬に3馬身差以上をつける非常に強い走りでした。

やはりこのメンバーではこの馬が1番の有力馬と言えるでしょう。

スピード指数も高くなると予想され上位台頭は十分濃厚、1着の可能性も高いと思います。

現時点でダノンプレミアムが本命候補です。

 

 

ジャンダルム

予想スピード指数:49.0~50.0

予想スピード指数は49.0台で指数ランクは2番手の予想、

指数ランク1番手とは大差がつくと予想されます。

予想オッズは4番人気。

前走はGⅠホープフルステークスで2着、今回GⅠレースでの上位台頭馬はダノンプレミアムとこのジャンダルムの2頭。

GⅠでも結果を出していますし実力はあります、上位台頭は期待出来ると思います。

ですがスピード指数は指数ランク1番手のダノンプレミアムと差が開きそうなのでダノンプレミアム

指数からはダノンプレミアムが抜けているとの見解。

ダノンプレミアム相手に勝利する事が出来るのでしょうか?やや難しい所です。

現時点でジャンダルムは対抗馬候補です。

 

 

ワグネリアン

予想スピード指数:48.0~49.0

予想スピード指数は48.0台で指数ランクは3番手の予想、

指数ランク2番手のジャンダルムとはやや差がつきそうです。

予想オッズは2番人気。

重賞レースは前走GⅢ東京スポーツ2歳ステークスのみですが1着で勝利しています。

レース内容も2着馬に3馬身差をつけており実力も申し分なさそうです。

強い馬ではあると思うのですがスピード指数からはダノンプレミアム、ジャンダルムには及ばない

だろうという評価。

1着までは厳しいとの見解ですが馬券圏内までは十分あり得るでしょう。

現時点で指数ランクからワグネリアンが単穴候補です。

 

 

人気ブログランキングへ

予想スピード指数:43.0~44.0

スピード指数は43.0台で指数ランクは5番手の予想。

指数ランク上位勢とは差が大きく開くでしょう。

今回予想オッズ時点では穴を空けそうな馬はこの馬になります。

やはり指数ランク上位3頭は強くこの3頭での決着も予想されます。

ですがもし穴馬で台頭する可能性があるのはこの馬だろうと見ています。

予想オッズ時点ではありますが上位人気と下位人気でオッズが割れると予想されますので

単勝オッズはかなりの高オッズとなるかもしれません。

1着はまずないと思いますがせめて3着までに入ってくれれば配当妙味は期待出来そうなので

抑えておいても良いのではないでしょうか。

今回はこの馬を人気ブログランキングで発表します。

 

こちらも少頭数のため少ないですが以上です。

次は【オーシャンステークス2018】当日出走馬指数分析と予想

【チューリップ賞2018】当日出走馬指数分析と予想を行っていく予定です。

それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク