Pocket

今回は東京ハイジャンプ2018出走予定馬見解を中心とした記事を書いていきます。

 

「東京ハイジャンプ」は1999年に創設された障害重賞レースです。

第1回目は「日本・サウジアラビア修好40周年記念東京ハイジャンプ」と言う名称で開催されました。

通常、障害レースの障害は高さ130cmの竹柵(2基)と140cmの生垣が用いられますが、

「東京ハイジャンプ」では高さ150cmの大生垣(2基)と大竹柵に変更されて行われます。

創設当初は6月に開催されていましたが2009年より10月開催に繰り下げ。

また施工距離は当初芝3300mでしたが、2012から現在の芝3110mへと短縮されています。

ちなみにこの芝は最後の直線コースを走行する際の馬場での表記となり、

最後の直線がダートの場合はダートと表記されます。

 

東京ハイジャンプ2018特別登録馬見解

 

今週も「target frontier jv」ツールを使っていきます。

過去5走前までの成績はこちらから(pdfファイル)

東京ハイジャンプ2018特別登録馬

 

今回の特別登録馬は13頭。

フルゲートは14頭ですが、ここ最近は10頭~11頭立てが多くやや少頭数で開催されています。

今年も14頭立てとはなりませんので後は何頭除外されるか、

出走馬確定後の指数ランクは動くかもしれません。

今回の有力馬はルペールノエル1択しょうか。

昨年2連覇しましたが今年平場に転向したオジュウチョウサン

オジュウチョウサンのいない障害レース界でトップレベルの

アップトゥデイトが出走しません。

このメンバーではやはりルペールノエルが勝利すると見て間違いなさそうですね。

問題はそれ以外の馬、どれも実力的には大差ないように思えます。

そんな中で有力そうなのはタイセイドリームでしょうか、

前走J・GⅢ新潟ジャンプステークスを勝利。

しかし大荒れとなった前々走のJ・GⅢ東京ジャンプステークスでは

大穴サーストンコラルドに大差をつけられ3着。

サーストンコラルドはそこまで強くは無いと見ていますのでこの敗北はどうか。

そして前走J・GⅢ小倉サマージャンプで実力馬アップトゥデイトに勝ち切ったヨカグラ

見事な勝利ではあるんですがGⅡ京都ハイジャンプやオープンペガサスジャンプステークス

では大敗しているんですよね。

その大敗がやや気になりますが最近かなり調子は良さそうなのでもしかすると

ルペールノエル相手でも勝てる可能性はあるかもしれませんね。

まあ有力候補と言えそうなのはこれ位でしょうか。

 

そして今回人気ブログランキングで発表する注目馬はあの馬です!

 

見解では実力馬ルペールノエルがやはり有力と思いますが、

指数評価からは1番手の可能性が最も高いのはあの注目馬です。

ただ今回は現時点ではありますが、スピード指数はかなり低い水準になりそう。

なのでそれに伴いルペールノエル等有力候補馬も

値は低くなるため自信度はかなり下がりそうです。

 

東京ハイジャンプ2018指数ランク上位予想

 

それでは東京ハイジャンプ2018の指数ランク上位候補馬を見解・予想していきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

サーストンコラルド

※出走予定時点でのポイント

・前走1着

・騎乗予想は北村騎手

サーストンコラルドのポイントは2点。

前走はJ・GⅢ東京ジャンプステークス、スピード指数は45.8と低い値となり指数ランクはダントツで8番手と下位。

結果は1着で勝利、かなりの過小評価となりました。

騎乗予想は北村騎手。

以上の点から評価値は可もなく不可もなくといった所。

ただ全体評価は高いです、現時点で指数ランク上位の可能性はありそうです。

スピード指数は前走と比較すると同数かやや上がるかといった感じで今回も低い値が予想されます。

予想スピード指数としては46.0台。

指数ランク上位候補の1頭です。

 

 

タイセイドリーム

※出走予定時点でのポイント

・前走スピード指数:50.5

・前走1着

・騎乗予想は平沢騎手

タイセイドリームのポイントは3点。

前走はJ・GⅢ新潟ジャンプステークス、スピード指数は50.5と高い値が出ましたが

指数ランクは4番手と上位には入りませんでした。

結果は1着と勝利、過小評価との結果。

騎乗予想は平沢騎手。

以上の点から評価値は高い。

また全体評価も高評価、現時点で指数ランク上位の可能性は高そうです。

ただスピード指数は前走と比較すると下がるでしょう、予想では47.0前後。

指数ランク上位候補の1頭。

 

 

タマモプラネット

※出走予定時点でのポイント

・前走スピード指数:50.2

・前走3着

・騎乗予想は小坂騎手

タマモプラネットのポイントは3点。

前走はJ・GⅢ新潟ジャンプステークス、スピード指数は50.2と50.0を超えましたが指数ランクは5番手。

結果は3着と台頭しました、指数ランクよりは若干過小評価といった結果に。

騎乗予想は小坂騎手。

以上の点から評価値は高め。

全体評価は高い、現時点で指数ランク上位の可能性はありそうです。

ここもスピード指数は前走よりは下がるでしょう、予想スピード指数は46.0台。

指数ランク上位候補です。

 

 

ルペールノエル

※出走予定時点でのポイント

・前走スピード指数:50.1

・前走指数ランク1番手

・前走2着

・騎乗予想は高田騎手

ルペールノエルのポイントは4点。

前走はJ・G2京都ハイジャンプ、スピード指数は50.1と高い値で指数ランクも1番手。

結果は2着、おおよそは指数ランク通りといった結果でした。

騎乗予想は高田騎手。

以上の点から評価値は高い。

また全体評価もかなりの高い評価です、ただ現時点で指数ランク上位の可能性はそこまで高くはありません。

スピード指数も前走と比較すると下がってくると思います、予想スピード指数は47.0前後。

指数ランク上位候補。

 

今回はこの4頭にもう1頭の注目馬が現時点での指数ランク上位候補馬となります。

その注目馬のポイントとしては

・前走スピード指数:52.9

・前走指数ランク1番手

・騎乗予想は五十嵐騎手

この3点です。

現時点で評価値としてはかなり高いですが全体評価は低い。

現時点ではルペールノエルよりもスピード指数は高い値が出ると予想されます、

ですが予想スピード指数は47.0台とそこまで大きく差は開かないと思われます。

現時点で指数ランク1番手の可能性が最も高いのはこの馬。

この現時点で注目しているもう1頭は人気ブログランキングで発表致します。

↓↓↓現時点で1番注目したい狙い馬はこの馬!↓↓↓
人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク