Pocket

【東海ステークス2018】出走予定馬見解

今回は【東海ステークス2018】出走予定馬見解を中心とした記事を書いていきます。

投稿が遅くなり明日は出走馬が確定しますが今回は東海ステークスの出走予定馬見解を行います。
また今週からしばらく土曜日に重賞レースが無く日曜日に2レースという週が続き少し寂しい感じもしますが今週と来週はレース会場が3会場で行われますので多くのレースが楽しめそうです。
特別レースも数がありますのでしっかり予想していきたいと思います。

さて今回の東海ステークスは特別登録馬が20頭います。
過去10年間では例年16頭立てで行われることが多いようですが2015年は14頭立て、2016年には12頭立てとやや少頭数でのレースとなりました。
今年は特別登録馬が20頭ですので恐らく16頭立てで行われ、4頭が除外されると予想されます。
またアメリカジョッキークラブカップ同様若い馬が少なく4歳馬、5歳馬共に2頭しか出走していません。
6歳馬が9頭で1番多いですが9歳馬は3頭と高齢馬もいます。
その中でテイエムジンソクは前走チャンピオンズカップを2着に入りました。
そしてアポロケンタッキーは地方競馬ではありますが2016年の東京大賞典を1着で勝利しています。
昨年のチャンピオンズカップは出走は登録はしていましたが右前肢跛行のため出走が取り消されました。
出走予定時点ではこの2頭に注目しています、出走馬が確定後改めて分析、見解を行いますのでよろしくお願いいたします。

「東海ステークス」は1984年に創設された4歳馬(現3歳馬)以上の馬による重賞レース、「ウインターステークス」が前身です。
「ウインターステークス」が1997年にGIIへ格上げされた際、名称を「東海テレビ杯 東海ウインターステークス」に変更となりました。
2000年には当時ダートのオープン特別レースとして春季に行われていました「東海ステークス」と統合されることとなり、施行時期が5月に移行され名称が現名称の「東海ステークス」となりました。
その後2013年に年間を通じたダート路線におけるローテーションが見直された際に1月開催に変更され現在に至っています。
施行距離は創設当初はダート2200mでしたが、1990年にはダート2300mに延長となりました。
2010年から2012年の3年間は京都競馬場のダート1900mで行われ、2013年からは中京競馬場ダート1800mに変更されています。
またこれにより「フェブラリーステークス」へ向けたステップレースとしての性格が強まり、2014年からは本競走の1着馬にフェブラリーステークスの優先出走権が与えられるようになっています。
外国産馬は1989年から出走可能になり地方競馬所属馬は1996年に、2006年からは外国馬も出走可能となる国際競走となりました。

引用:Wikipedia

 

東海ステークス2018出走予定馬見解

それでは東海ステークス2018出走予定馬見解を行っていきます。

 

人気ブログランキングへ

前走のスピード指数は49.7となかなか高い値ではありましたが指数ランク上位のスピード指数がさらに高く指数ランクは5番手でした。
前走は指数ランクも上位とはならず馬券圏外でしたが今回は高い値になりそうです。
指数ランクは上位はあると思います、現時点では本命候補の一頭です。
今回はこの馬を人気ブログランキングで発表します。

 

 

ローズプリンスダム

前走はGⅠチャンピオンズカップでスピード指数も低い値となり指数ランクも12番手と下位。
結果は12着と大敗でしたが3走前のGⅢレパードステークスで全く人気していませんでしたが見事勝利しています。
今回はGⅡレース、馬券圏内を狙える能力はありそう。
指数ランクも上位になりそうなので現時点では対抗馬か単穴候補です。

 

 

テイエムジンソク

前走はGⅠチャンピオンズカップ、スピード指数は46.6と低い値で指数ランクは8番手。
1番人気していましたが指数ランクも低く軽視しましたが2着に入りました。
2走前、3走前とGⅢでも結果を出しており今回も上位台頭は濃厚かと思います。
指数ランク上位になる可能性は十分にあります。
現時点では対抗馬候補もしくは単穴候補です。

 

 

ディアデルレイ

前走はオープンレースでスピード指数は48.6とまずまずの値でしたが指数ランクは8番手と中位でした。
スピード指数は悪く無い値でしたが指数ランクは中位のため評価は高くありませんでしたが結果は1着。
重賞レース経験が昨年のGⅢマーキュリーカップ6着とGⅢマーチステークス2着のみですが前走の強い走りで今回評価が上がりそうです。
実力はありそうなのでここも上位台頭の可能性はあると思います。
現時点では指数ランク上位の可能性もありそうですが候補としては連下までになりそうです。

 

今回は以上です。
次は【アメリカジョッキークラブカップ2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズ 、【東海ステークス2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズを行っていく予定です。
それでは閲覧ありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク