Pocket

今回は毎日杯2019当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

今回の毎日杯は13頭立て。

2016年以降かなりの少頭数開催が続いていましたが今年はやや多くなりましたね。

レース傾向としては人気馬の信頼度が高く堅い決着がかなり多いです、

1番人気馬の過去10年での台頭率は80%と非常に高く

2番人気馬と3番人気馬が共に60%とそこそこ高い確率で馬券に絡みます。

また上位人気馬3頭が2頭以上台頭する確率は90%、

まず荒れる事は無いでしょう。

指数からも人気馬の評価は高く硬い決着が予想されます。

ですが上位人気馬の内の1頭が指数評価が低く軽視しています、

この評価が吉と出るか凶と出るか・・・

それでもオッズとしてはトリガミにはならない位には割れていますね。

それでは毎日杯の各馬を分析・予想を行っていきます。

 

現在の毎日杯のオッズです。

1番人気はヴァンドギャルド、2番人気がウーリリ

3番人気がランスオブプラーナとなっています。

1番人気のヴァンドギャルドは今回C・ルメール騎手に乗り替わりとなります。

ウーリリは新馬戦上がりですが現在2番人気しています、

ヴァンドギャルドとのオッズ差もかなり拮抗しています。

3番人気ランスオブプラーナは過去5走全て馬券圏内に入っています。

4番人気のマイネルフラップは前走GⅢシンザン記念2着と今年好スタート、

ここもオッズ差は非常に僅差。

5番人気ケイデンスコールから2桁オッズといった状況です。

そして今回注目の穴馬ですがオッズはかなり割れているという事もあり

穴としてはかなり低いオッズ。

さすがに高配当は期待出来そうにありませんがそこそこの配当には

なりそうなので注目したいと思います。

この穴馬は後程買い目と一緒に人気ブログランキングで発表

致しますのでよろしくお願いいたします。

 

毎日杯2019出走馬指数分析

 

毎日杯2019の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎ヴァンドギャルド

スピード指数:50.2

スピード指数は50.2と高い値が出ており指数ランクは1番手。

今回50.0を上回ったのがこの馬のみ。

今回騎手はC・ルメール騎手、4走中3走外人騎手が騎乗していますがC・ルメール騎手は初。

前走はGⅢきさらぎ賞で4着。

きさらぎ賞は指数ランク2番手評価でしたが馬券圏内に届かず

指数ランク1番手のダノンチェイサーが勝利したレースでした。

重賞レースでの台頭が昨年のGⅢ東京スポーツ杯2歳ステークス3着のみと

成績に不安はありますがこのメンバーなら馬券圏内は期待して問題ないでしょう。

騎手も乗り替わりとなりますがC・ルメール騎手ですので評価は高い。

指数から台頭の可能性が最も高いのはこのヴァンドギャルドとの見解です、

1着の可能性も高いのではないでしょうか。

指数ランクからヴァンドギャルドを本命に指名します。

 

 

〇マイネルフラップ

スピード指数:47.1

スピード指数は47.1と低めの値、指数ランクは2番手。

指数ランク1番手のヴァンドギャルドとの指数差は3.1と大差がついています。

今回も騎手は吉田騎手です。

前走はGⅢシンザン記念で2着。

10番人気と全く人気していませんでしたが2着は見事でした、

しかし1800mの距離はほぼ無いと言って良い馬。

新馬戦が唯一芝1800mでしたが5着と敗北しています、以降は1600mのみ。

かなり久々となる1800mですが200mの延長はどうか、正直不安があります。

それでも実力としては十分台頭できるのではないでしょうか。

吉田騎手は勝率こそ良くはありませんがマイネルフラップに乗り替わってから

好成績が続いています。

相性は良いと見て騎手評価はやや高め。

指数から台頭の可能性は高いとの見解です、

さすがに1着は厳しいかもしれません。

指数ランクからマイネルフラップを対抗に指名します。

 

 

▲ランズオブプラーナ

スピード指数:46.9

スピード指数は46.9と低い値となりました、指数ランクは3番手。

ですが指数ランク2番手のマイネルフラップとの指数差は0.2と僅差です。

騎手は今回も松山騎手が騎乗。

前走は500万下アルメリア賞で勝利。

前々走もヴァンドギャルドが馬券圏内に届かなかったGⅢきさらぎ賞で3着と

実力はかなりありそうです。

重賞レースを含め過去5走台頭を外していないため台頭する可能性は高そう。

松山騎手も勝率はやや悪いですがアルメリア賞にきさらぎ賞でも

結果を出しており騎手評価としては高め。

指数からも台頭の可能性は十分あると見ています、

しかし勝ち切るのは難しいか。

指数ランクからランスオブプラーナを単穴に指名します。

 

毎日杯予想まとめ

 

以上が指数ランク上位の3頭。

指数ランク1番手の本命ヴァンドギャルドのみスピード指数50.0を上回っており

期待値は非常に高いとの見解、恐らく台頭はして来ると見ています。

指数ランク2番手の対抗マイネルフラップからスピード指数が一気に下がり47.1、

自信度は下がりますが指数ランクから期待値は高いとの見解です。

指数ランク3番手の単穴ランスオブプラーナもスピード指数は46.9と低いですがマイネルフラップとの指数差は僅差、

また指数ランク4番手の連下はルモンド、スピード指数は46.6とここも指数差は拮抗しており

ヴァンドギャルドの相手筆頭はこの3頭と見ています。

そして今回の注目の穴馬は指数ランク6番手の馬。

しかし今回指数からも大穴は揃って指数評価が低く軽視、台頭の可能性はないとの見解。

そんな中特に人気していないのがこの馬。

中穴程度ですがヴァンドギャルドとの馬連オッズはそこそこ付きそう、

ワイドでも2桁は付きそうなので何とか3着以内を期待したいと思います。

それでは買い目とこの指数ランク6番手の穴馬はいつもの様に

人気ブログランキングで発表致しますのでよろしくお願いいたします。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年11月25日

《東京9R シャングリラ賞》

馬連17170円 ワイド2通り4340円、410円

2018年11月第4週予想結果

・2018年11月18日

《東京9R 赤松賞》

馬連18500円 ワイド2通り3500円、510円

2018年11月第3週予想結果

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク