Pocket

今回は関屋記念2018出走馬指数予想と見解、予想オッズ

中心とした記事を書いていきます。

 

枠順はまだ確定していませんがスピード指数で分析・見解していきます

関屋記念2018出馬表です。

↓過去5走前までの成績はこちらから(pdfファイル)

関屋記念2018出馬表

 

今年の関屋記念は15頭立てです。

特別登録馬も15頭でしたので全頭出走となりましたね。

出走馬確定の指数ランクはほとんど動きがありませんでしたが

人気ブログランキングで発表した指数ランク上位候補の注目馬のプリモシーン

現時点では指数ランク3番手辺りになりそうです。

 

そして今回注目している穴予想の馬はあの馬!

 

指数ランク1番手予想の馬です。

スピード指数は50.0以上になると予想されるので期待値は高そうですが

指数ランク2番手予想の馬との指数差は拮抗しそう。

予想オッズとしては穴馬になると見ています。

この注目馬はいつもの様に人気ブログランキングで発表致します。

【関屋記念2018】出走予定馬見解

 

関屋記念過去10年の結果

 

関屋記念の過去10年のデータです。

↓各レースの詳細はこちらから(htmlファイル)

関屋記念過去10年の結果

 

1番人気馬が上位台頭したのは6レースの台頭率は60%。

2番人気馬が上位台頭したレースは4レースで台頭率40%。

3番人気馬が上位台頭したのは3レースの台頭率が30%となっています。

1番人気馬は5割を上回っていますが上位人気馬の台頭率はそこまで高くは無さそうです。

上位人気馬が2頭以上台頭したレースは4レースの台頭率は40%となっていますが、

上位人気馬3頭の内1頭が台頭したレースは9レースで台頭率は90%と高い確率です。

最低1頭は台頭して来ると見て良いでしょう。

10番人気以下の穴馬が上位台頭したのは2レースの台頭率は20%と低く、2011年から7年連続で

穴馬は台頭していません。

10番人気馬は軽視しても良さそうです。

上位人気馬の台頭が無かったレースが昨年、中穴勢での決着となりましたが大きくは荒れませんでした。

確率として上位人気馬1頭は台頭すると思われるのでやはり波乱の余地はないでしょう、

荒れたとしても小波乱程度で決まると思います。

過去のレース結果からの観点からは1番人気から入るのが良いか。

相手には2番人気馬~9番人気馬までですね、ただ2番人気と3番人気馬が台頭すると

トリガミになりそうです。

恐らく上位人気3頭での決着はまずないと思うので2番人気、3番人気馬は消し

的中率が下がったとしても点数を抑える方が良いかもしれません。

ここは2頭軸の3連系で組むのも良いのではないでしょうか。

 

関屋記念2018予想オッズ

 

次に関屋記念の予想オッズです。

1 プリモシーン    (4.5~5.0)
2 リライアブルエース (5.0~5.5)
3 エイシンティンクル (5.5~6.0)
4 フロンティア    (6.0~6.5)
5 ワントゥワン    (7.5~8.0)
6 ウインガニオン   (8.5~9.0)

上位人気しそうな6頭の予想オッズです。

プリモシーンが1番人気するとの予想です。

予想では非常に拮抗すると見ています。

8番人気辺りから2桁オッズになるのではないでしょうか。

 

関屋記念2018出走馬指数予想

 

それでは関屋記念2018の出走馬のスピード指数と指数ランクを予想していきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

ワントゥワン

予想スピード指数:50.0~51.0

予想スピード指数は50.0台と高い値で指数ランクは2番手の予想。

指数ランク1番手予想の馬との指数差はかなり僅差が予想されます。

予想オッズは5番人気。

前走はGⅢ中京記念で5着、重賞レースでの台頭はまだありません。

平場での成績は良いのでGⅡでは力不足かもしれませんがGⅢなら台頭の余地あり。

上位台頭の可能性は十分あるでしょう。

スピード指数も高い値になりそうですし指数差もほとんど無さそう。

指数からも上位台頭の可能性は高いと見ています。

現時点では指数ランクからワントゥワンが対抗馬候補です。

 

 

プリモシーン

予想スピード指数:49.0~50.0

予想スピード指数49.0台で指数ランクは3番手の予想、

ただ指数ランク2番手予想のワントゥワンとはそこまで差は無さそうです。

予想オッズは1番人気。

前走はGⅠNHKマイルで5着。

前々走GⅠ桜花賞も10着と大敗しておりGⅠでの台頭はありませんが、

GⅢフェアリーステークスで勝利しています。

出走経験の少ない3歳馬ですがここは実力も1周り上と見て良いでしょうね、台頭は濃厚か。

指数ランクは3番手予想と出走予定時点からやや評価が下がった形ですがランクは上位。

ワントゥワンとの指数差も思ったより開かないだろうと思われるので

指数からも台頭は濃厚との見解。

現時点で指数ランクからプリモシーンは単穴候補です。

 

 

フロンティア

予想スピード指数:49.0~50.0

予想スピード指数は指数ランク2番手予想のプリモシーンと同様に49.0台で指数ランクは4番手予想、

指数差は僅差となるでしょう。

予想オッズは4番人気。

前走はGⅢ中京記念で4着と惜しくも馬券圏外。

この馬もGⅠではまだ通用はしそうにありませんがGⅢなら十分、GⅡクラスでもいけそう。

勝ち切れるかどうかは微妙ですがここなら台頭は射程圏内。

指数ランクは上位までは上がれそうにありませんが指数差は拮抗しそう。

指数からも台頭の可能性は十分ありそうです。

1着はどうか、可能性としては無くはないか。

現時点で指数ランクからフロンティアは連下候補です。

 

関屋記念2018出走馬指数予想と見解まとめ

 

かなりオッズが割れるだろうと見ている今回の関屋記念

指数からは波乱もあるかもしれないといった見解。

現時点での見解からは穴予想の本命に上記3頭の計4頭で決着すると予想しています。

上位人気予想の馬は指数ランク3番手予想で単穴候補のプリモシーンのみ、

対抗馬候補のワントゥワンに連下候補のフロンティア

そこまで人気落ちはしそうにありませんが中穴予想。

指数ランク1番手予想で注目の穴予想の本命馬は予想では10番以下の穴馬まで

人気落ちする可能性もあると見ています。

予想オッズ通りならこの馬が台頭した時点で波乱は間違いないでしょう。

予想スピード指数も50.0を超え、期待値も高くなると思われます。

指数からは台頭の可能性も大、穴を空けるならこの馬。

↓↓↓注目の穴馬はコチラ↓↓↓
人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年7月28日

《新潟11R 佐渡ステークス》

馬連6500円、ワイド2通り2060円、300円 的中

2018年7月第5週予想結果

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク