Pocket

【阪急杯2018】出走馬指数予想と見解、予想オッズ

今回は阪急杯2018出走馬指数予想と見解、予想オッズ

中心とした記事を書いていきます。

 

阪急杯の出走馬を見ていきましょう。

今年の阪急杯ですがこちらも全頭出走となりおととしと同じ18頭立てでのレースとなりました。

2015年以前は毎年16頭立てで行われていましたがここ最近はやや極端ですね。

予想指数も出走予定時点からの動きはほぼありません。

出走馬確定後のスピード指数と指数ランク順を分析・予想していきます。

【阪急杯2018】出走予定馬見解

 

まずは阪急杯の過去10年のデータです。

1番人気馬が上位台頭したのは5レースで複勝率は50%。

2番人気馬の上位台頭も5レースで複勝率は50%、3番人気馬が上位台頭したのは3レースで複勝率は30%となっています。

また上位人気馬が2頭以上台頭したレースは4レースで複勝率は40%。

レース結果の傾向からは上位人気馬が上位台頭する確率は半々といった所でしょうか。

そこまで堅い決着とはならない印象のあるレースですが、昨年は12頭立てでしたが3連単が2483180円と大荒れとなりました。

穴馬の台頭もありヒモ荒れとなる事も少なくないので人気薄の馬も好走しそうなら狙っていきたいです。

また人気馬が台頭するとすればどの馬かという点も合わせて分析・予想していきたいと思います。

 

次に阪急杯の予想オッズを発表します。

1 レッドファルクス  (2.6~3.0)
2 モズアスコット   (2.8~3.2)
3 ディバインコード  (6.0~6.5)
4 カラクレナイ    (7.5~8.0)
5 ダイアナヘイロー  (12.0~13.0)
6 モーニン      (15.5~16.5)

以上、上位人気しそうな6頭の予想オッズです。

レッドファルクスが1番人気するとの予想です。

2番人気予想のモズアスコットとはかなり拮抗しそうです。

5番人気辺りから2桁オッズとなるのではないでしょうか。

 

阪急杯2018出走予定馬指数予想と見解

阪急杯出走馬確定後の指数予想と見解です。

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

〈主な予想成績〉

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

 

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

 

モズアスコット

予想スピード指数:51.0~52.0

スピード指数は51.0台で指数ランクは1番手との予想、高い値となりそうです。

予想オッズは2番人気。

出走予定時点で注目していた馬はこのモズアスコット。

4歳馬の中では出走経験がやや少なく重賞レースも前走GⅡ阪神カップが初出走、結果は惜しくも4着と

馬券圏内には届きませんでした。

ですが能力は高いと見ています、ここからどんどん強い馬になっていくのではないでしょうか?

今回レッドファルクス相手にどう戦うかが問題となるでしょう。

勝ち切るまではどうかと思いますが対等に戦える走りは出来ると思っています。

スピード指数も高い値が出そうですので現時点でモズアスコットが本命候補です。

 

 

レッドファルクス

予想スピード指数:50.0~51.0

予想スピード指数は50.0台で指数ランクは2番手の予想、

予想オッズは1番人気です。

前走GⅠマイルチャンピオンシップは8着と敗北しましたがその他のGⅠレースで数々の実績を積んでいます。

やはり今回実力としてはこのレッドファルクスが格上でしょう。

上位台頭は十分濃厚です、この馬を軸として入っても良いとは思いますが今回スピード指数は

モスアスコットの方が上。

なので現時点でレッドファルクスは対抗馬候補です。

 

 

ディバインコード

予想スピード指数:49.0~50.0

スピード指数は49.0台で指数ランクは3番手の予想、50.0まではいかないでしょう。

予想オッズは3番人気。

前走GⅢ東京新聞杯は5着、GⅠNHKマイルカップでは10着で大敗と昨年の2月以降重賞レースでの

台頭がありません。

オープンレースでの結果はまずまずですのでそろそろ馬券圏内までは来るのではと思います。

予想スピード指数はなかなかの値、現時点でディバインコードは単穴候補です。

 

 

モーニン

予想スピード指数:48.0~49.0

予想スピード指数は48.0台で指数ランクは4番手の予想です。

予想オッズは6番人気。

前走GⅡ阪神カップは6着で馬券圏外でした。

4歳馬初頭までは好成績でしたが4歳馬後半以降はなかなか結果を出せていません。

地方競馬の重賞レースですがGⅠ、GⅡと台頭もしているので今回台頭出来る能力はありそう。

現時点ではモーニンが連下候補です。

 

 

人気ブログランキングへ

予想スピード指数:47.0~48.0

予想スピード指数は47.0台で指数ランクは5番手の予想、

今回予想オッズ時点では穴を空けそうな馬はこの馬になります。

2歳馬の頃は凡走が多かったですが3歳馬以降は力をつけ結果を出してきています。

重賞レースでの結果はまだありませんが今回馬券圏内まで入ってくるのではと見ています。

能力的に1着までは厳しいとは思うので2着か3着までなら何とか。

当日人気落ちすれば穴馬として狙っていきたいです。

今回はこの馬を人気ブログランキングで発表します。

 

 

ヒルノデイバロー

予想スピード指数:47.0~48.0

スピード指数は指数ランク5番手同様47.0台で指数ランクは6番手の予想。

予想オッズは7番人気です。

前走GⅢ京成杯は10着と大敗、前々走はGⅡスワンステークスはアタマ差で2着に入り穴を空けています。

また昨年の阪急杯でも2着に入着しており今年も上位台頭はあるかも。

今年こそは勝利したい所ですがやはりメンバー的に難しいでしょう、3着、あって2着までではないでしょうか。

指数ランクから現時点でウインブライトは連下候補です。

 

以上になります。

明日は重賞レースがありませんので特別レースのみの予想となります。

明後日日曜日にと【中山記念2018】当日出走馬指数分析と予想

【阪急杯2018】当日出走馬指数分析と予想を行っていく予定です。

それでは閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク