Pocket

今回はCBC賞2018当日出走馬指数分析、無料予想

中心とした記事を書いていきます。

 

現在のCBC賞オッズです。

1番人気はダイメイフジ、2番人気がペイシャフェリシタ

3番人気がアサクサゲンキとなっています。

ペイシャフェリシタは4番人気辺りと予想していましたが現在2番人気と上位。

逆に3番人気予想のワンナイスムーンは8番人気とかなり人気落ちしました。

後は多少前後はありますが大きく予想とズレたのはこれ位でしょうか。

そして人気ブログランキングで発表した穴馬はダイメイプリンセス

予想オッズでは7番人気、現在は6番人気していますね。

まあ今回穴を空ける可能性があるのはここら辺りの中穴だと見ています。

期待値としては高くはありませんが台頭の余地はあると思いますよ。

それでは各馬分析していきます。

CBC賞2018予想オッズ等はこちらをご覧ください

 

CBC賞2018出走馬指数分析

 

CBC賞2018の出走馬をスピード指数で見ていきます。

▼スピード指数についてはこちらをご覧ください

当ブログの「独自指数」を使った予想

 

 

◎ペイシャフェリシタ

スピード指数:49.4

スピード指数は49.4と50.0まではいきませんがなかなかの値、指数ランクは1番手。

騎手は前走と同じく三浦騎手。

重賞レースでの台頭はありませんが春雷ステークス1着、カーバンクルステークス2着と

オープン特別では連対を外していません。

人気しているダイメイフジ、アサクサゲンキもここでは強そうですがペイシャフェリシタも

負けないでしょう。

上位台頭は濃厚、軸には最適と見ます。

前走三浦騎手はオープン特別で勝利、これも高評価です。

スピード指数は高くはありませんが、指数ランク2番手とは若干は差があります。

指数からも台頭はすると見ています、1着もあるでしょう。

指数ランクからペイシャフェリシタを本命に指名します。

 

 

〇ダイメイフジ

スピード指数:48.8

スピード指数は48.8とまずまずの値、指数ランクは2番手です。

指数ランク1番手のペイシャフェリシタとの差は0.6あります。

騎手はM・デムーロ騎手が騎乗。

GⅢオーシャンステークスでは過剰人気と見てやや軽視しましたが実力馬相手に3着と大健闘。

しかし次走GⅡ京王杯スプリングカップでは17着と大敗、やはり通用するのはまだGⅢまででしょうか。

また前走はオープン特別で勝利、ここは有力視しても良さそうです。

そして今回M・デムーロ騎手が騎乗、指数へは高い評価となっています。

スピード指数は49.0を下回りましたが指数ランクは2番手、

指数からはペイシャフェリシタの次に台頭の可能性があるのはこのダイメイフジと見ます。

台頭してくるんじゃないかと思いますが1着まではやや厳しいかもしれません。

指数ランクからダイメイフジを対抗馬に指名します。

 

 

▲アサクサゲンキ

スピード指数:48.6

スピード指数は48.6で、指数ランクは3番手。

指数ランク2番手のダイメイフジとは0.2差とかなり拮抗しています。

今回も武騎手が騎乗します。

今回のメンバーで唯一の3歳馬ですが、成績はGⅢファルコンステークス2着にGⅡ京王杯2歳ステークス3着と

重賞レースで結果を出していますね。

前走は新設重賞レースの葵ステークスで5着とかろうじて掲示板に乗るという結果、

まあ実力としてはここでは馬券圏内の可能性は十分にあると見て良いでしょう。

武騎手もアサクサゲンキとの相性は良さそうなので高評価、後は馬の能力次第。

指数ランクは3番手ですがダイメイフジとの指数差は僅差、やはりペイシャフェリシタの次に

台頭してくるであろう馬はダイメイフジかこのアサクサゲンキか。

指数からも上位台頭の可能性は高いと見ます、ただ1着はどうかといった所。

指数ランクからアサクサゲンキを単穴に指名します。

 

 

△ダイメイプリンセス

スピード指数:47.6

スピード指数は47.6と48.0を下回りやや低めの値、指数ランクは4番手です。

指数ランク3番手のアサクサゲンキとの差は1.0開きました。

騎手は前走、前々走に続き秋山騎手。

重賞レース経験は無くオープン特別上がり。

2歳~4歳前半の頃はかなり負け続けていましたが、4歳後半から実力がついてきたのか結果が出始めました。

前走オープン韋駄天ステークスでは2着馬に2馬身差をつけて勝利しています。

GⅢクラス、またこのメンバーでどこまで通用するのか、注目ですね。

また秋山騎手へ乗り替わってから結果が出だしています、これも好材料と見て指数へは高評価。

ただスピード指数は48.0を下回っています、指数ランクも上位ではありません。

指数からは台頭の余地はありそうですが、あって連対まででしょうか。

指数ランクからダイメイプリンセスを連下に指名します。

 

 

△アクティブミノル

スピード指数:47.5

スピード指数は47.5とここもやや低めの値が出ており指数ランクは5番手。

指数ランク4番手のダイメイプリンセスとは0.1差しかなく非常に拮抗しています。

今回は福永騎手が騎乗、初騎乗です。

昨年のCBC賞では3着と台頭しました、今年はどうか。

2歳、3歳の頃はGⅡ、GⅢで勝利した事もあり今後期待出来そうな馬かとも思っていましたが

以降は敗北続き、大敗もかなりあります。

ここ最近もオープン特別ですら結果を出せずここでも台頭は厳しいかもしれません。

また初騎乗の福永騎手へ乗り替わり、福永騎手は成績は良いですが初騎乗の点で評価は若干下がります。

指数ランクは5番手、4番手との指数差は0.1しかないので

指数からは上位台頭の可能性はあるだろうとの見解。

まあここも1着は無いでしょう、3着までに入ってくれれば。

指数ランクからアクティブミノルを連下に指名します。

 

CBC賞予想まとめ

 

恐らく指数ランク上位3頭の内1頭は台頭してくるでしょう。

指数ランク上位3頭は上位人気馬、1番手のペイシャフェリシタは現在

2番人気ですが指数からは堅い決着の可能性が高い。

注目の穴馬として指名したダイメイプリンセスは現在6番人気、

中穴程度ですが穴を空ける可能性が高いのはこの馬。

大穴が好走する事が結構あるこのCBC賞ですが、今回10番人気以下で

狙いたいのは指数ランク6番手の馬。

成績は悪くないのでもしかすると台頭してくるかもしれません、ただ不安材料もあり期待値は低い。

ダイメイプリンセスの次に穴を空けるとすればこの馬でしょう。

指数ランク6番手の穴馬と参考買い目は人気ブログランキングで発表致します。

※参考買い目

人気ブログランキングへ

 

過去の主な実績

 

〈主な予想成績〉

・2018年6月24日

《阪神9R 皆生特別》

馬連5550円、ワイド1通り1750円

《阪神12R リボン賞》

馬連5630円、ワイド1通り1800円

《函館11R UHB杯》

馬連5930円、ワイド2通り1550円、450円

2018年6月第4週予想結果

・2018年5月20日

《京都11R 下鴨ステークス》

馬連6300円、ワイド2通り1820円、480円

2018年5月第3週予想結果

・2018年5月19日

《新潟10R 早苗賞》

馬連13660円、ワイド2通り3180円、370円

2018年5月第3週予想結果

・2018年4月22日

《福島12R 桑折特別》

ワイド1通り6700円

2018年4月第4週予想結果

・2018年4月15日

《中山10R 京葉ステークス》

馬連4180円、ワイド2通り1410円、510円

2018年4月第3週予想結果

・2018年4月8日

《阪神9R 忘れな草賞》
馬連4990円、ワイド2通り1590円、1220円

《福島11R  米沢特別》
馬連6960円、ワイド2160円

2018年4月第2週予想結果

・2018年3月17日

《中京11R ファルコンステークス》
馬連5480円、ワイド3通り1730円、1280円、1390円

《中京10R 伊勢特別》
ワイド2通り1210円、6180円

2018年3月第3週予想結果

・2018年2月24日

《小倉10R くすのき賞》
馬連3820円、ワイド1通り1200円

《小倉11R 皿倉山特別》
馬連3230円、ワイド2通り980円、1030円

2018年2月第4週土曜特別レース出走予定馬見解と先週の結果

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク