Pocket

2018年1月第3週土曜特別レース当日出走馬指数分析と予想

今回は2018年1月第3週土曜特別レース当日出走馬指数分析と予想を中心とした記事を書いていきます。

本日は重賞レースがありませんので特別レースの指数分析・予想のみとなります。
ですがその分特別レース数は多めとなっており9レースあります。
明日は重賞が2レースありますのでここで的中させて明日への軍資金を回収していきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、それを基準として予想・分析するものです。
50.0以上の値は期待値が高いと見ています。
また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。
現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと精度を高めるため試行錯誤しております。

〈主な予想成績〉

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

 

2018年1月20日特別レース注目馬

それでは本日の特別レース注目馬をピックアップと予想をしていきましょう
また、いつもは2頭ですが本日は人気ブログランキングでの発表を各レース会場で1レースずつ計3頭を発表したいと思います。

 

 

《中山9R 初茜賞》

◎ハイランドピーク

スピード指数:52.8

※参考買い目

7,9,10,12  馬連、ワイドボックス 各6点

 

《中山10R 東雲賞》

◎レッドイグニス

スピード指数:52.9

※参考買い目

3,4,9,13 馬連、ワイドボックス 各6点

 

《中山11R アレキサンドライトステークス》

◎人気ブログランキングへ

スピード指数:52.2

スピード指数は52.2で指数ランクは1番手、指数ランク2番手のスピード指数は50.6と50.0を超えていますが差は1.6開きました。
今回中山競馬場で注目したいレースはこのレース。
人気所から穴馬に流しますので大穴が入れば高配当も狙えそうです。
本命を軸に流しで買い目を出します。

※参考買い目

◎-1,5,6,11,12,14,15  馬連、ワイド流し 各7点

 

《京都9R 祇園特別》

◎ロライマ

スピード指数:51.2

※参考買い目

1-2,6,7,8,11,12  馬連、ワイド流し 各6点

 

《京都10R 若駒ステークス》

◎マイハートビート

スピード指数:48.3

※参考買い目

9-1,2,4,5,8  馬連、ワイド流し 各5点

 

《京都11R すばるステークス》

◎人気ブログランキングへ

スピード指数:48.5

スピード指数は48.5で指数ランクは1番手、そこまで高い値ではありませんが今回上位台頭しそうです。
今回京都競馬場で注目したいレースはこのレースです。
ここは人気薄の馬が台頭しそうで指数から荒れる気配がしますので穴馬券を狙っていきます。
本命を軸に流しで買い目を出します。

※参考買い目

◎-4,9,10,12,14,15,16  馬連、ワイド流し 各7点

 

《中京10R なずな賞》

◎アーデルワイゼ

スピード指数:50.1

※参考買い目

1-2,3,4,7,8,11  馬連、ワイド流し 各6点

 

《中京11R 中京スポニチ賞》

◎人気ブログランキングへ

スピード指数:51.0

スピード指数は51.0で指数ランクは1番手、高い値が出ています。
今回中京競馬場で注目したいレースはこのレースになります。
ここはそこまで高配当は期待出来なさそうですが人気所での決着となってもまずまずの配当にはなりそうです。
買い目は本命を軸に流します。

※参考買い目

◎-1,2,4,6,10,11,15  馬連、ワイド流し 各7点

 

《中京12R 熱田特別》

◎リリーモントルー

スピード指数:51.9

※参考買い目

3,5,12,16  馬連、ワイドボックス 各6点

 

次は明日【アメリカジョッキークラブカップ2018】当日出走馬指数分析と予想、【東海ステークス2018】当日出走馬指数分析と予想を行います。
本日は重賞レースがありませんが一緒に競馬を楽しんでいきましょう!
それでは、閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク