Pocket

2018年2月第2週土曜特別レース当日出走馬指数分析と予想

今回は2018年2月第2週土曜特別レース当日出走馬指数分析と予想

中心とした記事を書いていきます。

 

今週から小倉競馬場での開催がスタートします。

しかし本日は先週同様重賞レースがなく、東京競馬場の開催も無いので

2会場でのレースとなります。

ですが今週は3日開催で重賞レースは3レス、そして来週からは3会場での開催が始まり

いよいよ今年初のGⅠフェブラリーステークスが行われます。

いや~楽しみですね。

また先週は土曜9R春菜賞で

馬連1730円、ワイド1通り890円的中がありました。

本日も特別レースの指数分析・予想のみとなりますが先週に引き続き的中出来る様

頑張りたいと思います!
2018年2月第1週土曜特別レース当日出走馬指数分析と予想
2018年2月第1週予想結果

 

それでは2018年2月第2週土曜特別レース当日出走馬指数分析と予想

を行っていきます

 

※スピード指数について

『当該馬が出した過去のレース成績、レースタイム、馬体重等を総合し、

馬の能力を独自に算出して導き出した数値』

当ブログのスピード指数は各競争馬の指数を0~60.0の値で算出し、

それを基準として予想・分析するものです。

50.0以上の値は期待値が高いと見ています。

また、スピード指数も高く指数ランク上位で人気薄の馬は回収期待値が高いと言えます。

現在は競走馬以外にも騎手等をスピード指数の算出項目に含めたりと

精度を高めるため試行錯誤しております。

 

〈主な予想成績〉

・2018年1月28日

《中京10R 西尾特別》
馬連4870円、ワイド1通り1640円

2018年1月第3週予想結果

・2018年1月20日

《京都10R若駒ステークス》
馬連2100円、ワイド2通り590円、3990円

2018年1月第3週予想結果

・2017年12月17日

《中京10R桑名特別》
馬連7540円、ワイド2通り2540円、2560円

《阪神10R元町ステークス》
ワイド1通り5560円

【有馬記念2017】出走予定馬見解と先週の結果

 

それでは本日の特別レース注目馬のピックアップと予想

していたいと思います。

 

 

《京都9R こぶし賞》

◎ケイアイノーテック

スピード指数:54.1

※参考買い目

2-4,5,6,12,13,14 馬連、ワイド流し 各6点

《京都10R 琵琶湖特別》

◎人気ブログランキングへ

スピード指数:50.8

スピード指数は50.8で指数ランクは1番手、高い値が出ています。

今回東京競馬場で注目したいのはこのレースです。

指数ランク上位勢が拮抗しておりボックスで買い目を出しますが、本命馬が連帯すれば

まずまずの配当は付きそう。

上位人気馬での決着となれば安いですが、もし本命馬と人気薄が絡めば高配当が期待出来ます。

上記の様にボックスで買い目を出します。

※参考買い目

◎,5,7,9  馬連、ワイドボックス 各6点

 

《京都11R 洛陽ステークス》

◎サトノアーサー

スピード指数:53.1

※参考買い目

3-1,2,6,8,9,10  馬連、ワイド流し 各6点

 

《小倉9R あすなろ賞》

◎エポカドーロ

スピード指数:53.5

※参考買い目

1,3,5,11  馬連、ワイドボックス 各6点

 

《小倉10R 脊振山特別》

◎人気ブログランキングへ

スピード指数:55.2

スピード指数は55.2で指数ランクは1番手、非常に高い値となっています。

今回小倉競馬場で注目したいレースはこのレースです。

オッズが割れていますが現時点では上位人気での決着でも配当は悪くありません。

さらに中穴の台頭でも本命馬と絡めばかなりの高配当になりそうです。

午後から若干オッズも動くかもしれませんが狙っていきます。

買い目は本命を軸に流で。

※参考買い目

◎-1,2,4,6,8,12,14  馬連、ワイド流し 各7点

 

《小倉11R 帆柱山特別》

◎ロジベスト

スピード指数:51.6

※参考買い目

1,9,10,12  馬連、ワイドボックス 各6点

 

次は明日、【共同通信杯2018】当日出走馬指数分析と予想

【京都記念2018】当日出走馬指数分析と予想を行います。

本日も重賞レースはありませんが一緒に競馬を楽しんでいきましょう!

それでは、閲覧ありがとうございました。

The following two tabs change content below.

岩ちゃん

独自指数を使って競馬予想を攻略しているブログです。基本予想スタイルは馬連少点数。難しい3連系の馬券よりも競馬は少点数の馬連こそ!という事をブログで証明していきたいと思います。
スポンサーリンク